薬用育毛剤「蘭夢」公式通販サイト

logo

豆知識

TIPS

育毛剤は医薬品と医薬部外品どちらが効果的?

豆知識

2021.03.12

医薬品と医薬部外品の違い

育毛剤に医薬品と医薬部外品があることをご存知でしょうか。医薬品の育毛剤と医薬部外品の育毛剤には違いがあり、育毛剤を選ぶときはこの違いを知っておくことが重要です。
そこで今回は育毛剤の医薬品と医薬部外品の違いを解説します。

必ずしも医薬品の育毛剤がいいというわけではなく、自分に合った育毛剤選びが大切です。この記事を参考にして、自分に合った育毛剤を見つけましょう。

育毛剤の医薬品と医薬部外品って何が違うの?

育毛剤の医薬品と医薬部外品のどちらが効果的かを知る前に、まず医薬品と医薬部外品の違いを紹介します。医薬品と医薬部外品は薬機法で定められている区分のことです。

医薬品の育毛剤は発毛剤のこと

医薬品は、厚生労働省が認めた病気の治療に効果があるとされる有効成分を配合しているものを指しています。日本では発毛効果のある有効成分が配合されているものは発毛剤と呼ばれており、育毛剤には分類されていません。発毛剤はAGAなど薄毛の治療を目的としており、今生えていない髪の毛を生やす効果が期待できるものです。
発毛剤に配合されている有効成分の代表的なものには、ミノキシジルがあります。これはAGA治療に効果を発揮するといわれている有効成分です。

ただし、医薬品である発毛剤は医師の処方がないと購入できません。しかも、使用回数や使用方法、1日の使用量などには決まりがあり、これを守らないとトラブルが起きてしまう可能性があります。また誰でも希望すれば処方されるわけではなく、持病の有無や年齢、性別によっては処方してもらえないこともあるため、注意が必要です。

医薬部外品の育毛剤は薄毛の予防効果が期待できる

医薬部外品は市販で売られている育毛剤に多いです。一定濃度の有効成分は配合されていますが、医薬品と比較すると作用は緩やかで、生えていない髪の毛を生やす効果は期待できません。薄毛の治療ではなく、薄毛対策に使われます。
副作用の心配が少なく、比較的に誰でも使用できるのも特徴です。医師の処方は必要ないのでドラッグストアや通販サイトなどで簡単に購入できます。持病の有無や年齢による制限もありません。

今生えている髪の毛を健康に保ちたい、維持したい人には医薬部外品の育毛剤がおすすめです。医薬部外品は、薬用という言葉の使用が認められています。大きく医薬部外品と書かれていなくても、商品名に薬用という言葉が使われている育毛剤は医薬部外品です。

薄毛対策には医薬品と医薬部外品はどちらが効果的?

医薬品と医薬部外品の効果性

前章で紹介したとおり医薬品は発毛剤と呼ばれ、育毛剤とは性質が異なります。医師の処方が必要で、使用方法や使用量にも規定がある医薬品の発毛剤の方が、医薬部外品の育毛剤より効果的なのでは?と思っている人もいるでしょう。
しかし、医薬品の発毛剤と医薬部外品の育毛剤は、そもそも使用する目的が異なります。どちらが効果的かどうかは、どういった目的で育毛剤の使用を考えているかによって変わってくるので、一概にどちらが効果的とはいえません。
医薬品の発毛剤が効果的な人と、医薬部外品の育毛剤が効果的な人の特徴を詳しく解説します。

医薬品の発毛剤が効果的な人

医薬品の発毛剤が効果的な人は、すでに髪の毛が生えてこなくなった部分があり、その部分の薄毛を改善したい人です。

AGA(男性型脱毛症)は、おでこの髪の生え際や頭頂部から薄毛が進行し、全く髪の毛が生えてこなくなります。医薬品である発毛剤は、髪が生えてこなくなった部分の薄毛治療に効果が期待できるので、AGAが進行して髪の毛が生えてこなくなった部分に使用すれば、髪の毛が生えてくる可能性があるのです。

発毛剤にはAGA治療に効果のあるミノキシジルが配合されており、毛根を活性化させる効果があります。ミノキシジルは日本で唯一発毛効果があるとして認可されている外用薬です。
AGAに悩んでいる人は、医師の診断を受けて処方してもらい、発毛剤を使用するといいでしょう。

医薬部外品の育毛剤が効果的な人

医薬部外品の育毛剤が効果的な人は、今生えている髪の毛を健康に保ちたい人です。全体的に髪の毛は生えているものの細くなってきた人や、ハリ・コシがなくなってきた人には育毛剤をおすすめします。

育毛剤は頭皮環境を正常化させ、髪の毛の健康を保ちます。ミノキシジルは配合されていませんが、太くて健康な髪の毛が生えやすくなるので、薄毛を予防効果が期待できるのです。
髪のボリュームが気になる人や、ヘアセットをしても以前のように髪の毛がセットできない人は育毛剤を選びましょう。

医薬品の発毛剤が使用できない可能性のある人

医薬品である発毛剤は、誰にでも処方されるものではありません。持病の有無や年齢によって、処方されない可能性があります。
発毛剤は医師の診断が必要なので、薄毛治療に対応している病院を受診しなければなりません。
ただし、以下の条件に当てはまる人は処方されない可能性があることを理解しておきましょう。

● これまでに薬や化粧品によってアレルギー症状が出た経験がある人
● 高血圧・低血圧の人
● 心臓や腎臓に疾患や障害のある人
● むくみがある人
● 65歳以上の人
● 家族に男性型脱毛症や壮年性脱毛症の人がいない人
● 甲状腺機能低下症や甲状腺機能亢進症の診断を受けている人

また以上の条件に当てはまらない場合でも、持病があるのであれば必ず医師に申告してください。

医薬品の発毛剤も医薬部外品の育毛剤も即効性はない

日本で唯一発毛効果があると認められたミノキシジルが配合された発毛剤ですが、即効性があるわけではなく、医薬部外品の育毛剤にも即効性はありません。
髪の毛にはヘアサイクルがあり、一定の周期で成長して抜けていきます。薄毛に悩んでいる人は、このヘアサイクルに何らかの原因で乱れが生じているのですが、発毛剤や育毛剤を使ったからといって、すぐにヘアサイクルが正常化されるわけではないです。

どちらの場合も使用し始めて効果が実感できるまでには、おおむね3カ月(4カ月)〜6カ月以上かかるといわれています。[注1]
目に見える変化がなくてもヘアサイクル正常化に向けて、徐々に効果が出ている可能性があるのに、効果が実感できないからとすぐに使用を中断するのはもったいないです。
発毛剤も育毛剤も即効性がないことは理解して使用し、副作用や肌トラブルがない限りは継続して半年以上使用してみましょう。

[注1]厚生労働省:薬事・食品衛生審議会 医薬品等安全対策部会 資料(リアップX5 説明書) p.6
https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-11121000-Iyakushokuhinkyoku-Soumuka/0000037183.pdf (参照:2022-06-23)

発毛剤と育毛剤の併用はNG

薄毛に悩んでいる人の中には、髪の毛が生えていない部分もあり、全体的にボリュームがなくなってきている気がする人もいるでしょう。そのような場合でも、発毛剤と育毛剤の併用はやめてください。


発毛剤も育毛剤も、それぞれ効果が出るようにバランスを考えて成分が配合されています。そのため、併用すると成分のバランスが崩れ、効果が出なくなる可能性があります。副作用や肌トラブルを引き起こすこともあるため、注意しましょう。

医薬品の発毛剤と医薬部外品の育毛剤は目的に合わせて選ぼう

医薬品の発毛剤は薄毛治療を目的として、医薬部外品の育毛剤は薄毛予防を目的としたもので、期待できる効果も異なります。どちらの効果が上なわけではなく、薄毛の悩みに合わせて使用することが重要です。
自分で判断できないときは、まず医師への相談をおすすめします。悩みに合わせて発毛剤や育毛剤を選び、薄毛を改善に導きましょう。

 

記事監修

毛髪診断士:篠原沙希

一覧へ戻る

初回限定キャンペーン
お得!育毛剤の定期便

今すぐ買う