<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=1831753390397855&ev=PageView&noscript=1" />

薬用育毛剤と育毛剤の違い、薬事法による分類ポイント

「蘭夢」公式通販サイト > 豆知識 > 薬用育毛剤と育毛剤の違い、薬事法による分類ポイント

薬用育毛剤と育毛剤の違い、薬事法による分類ポイント

薄毛対策商品は薬事法で3種類に分類される



抜け毛を減らす目的の商品、発毛を促す目的の商品、頭皮環境を改善する目的の商品など、薄毛を改善する効果をうたっている商品は数多くあります。明確な違いが分からないまま使い続けている人はたくさんいるのではないでしょうか。育毛剤と発毛剤、養毛剤など、商品によって名称も異なりますが、これは薬事法によって定められたラインがあります。さらに育毛剤は薬用育毛剤と一般のものに分類されますが、どんな違いがあるのでしょうか?まずはそれぞれの商品の違いについてご紹介します。

まず育毛剤について紹介します。これは、いま生えている髪を育てるための環境を整える目的で作られた商品です。頭皮の炎症を抑えてかゆみ、フケを改善し、ヘアサイクルを正常な状態に導きます。頭皮環境を改善することで健康的な髪の成長を促すものです。

次に発毛剤についてですが、これは今生えていない所から積極的に髪を生やす目的で作られた商品です。効果が高い成分を使用しているため、人によっては副作用が報告されています。

それから養毛剤があります。これは髪と頭皮の栄養補給を目的として作られた商品です。確実な効果があるものではなく、あくまでも頭皮を良い状態に導く化粧品として捉えられています。

これらの中でも発毛剤は医薬品であるため処方箋が必要であったり、薬局で薬剤師の説明を受ける必要があったりと購入に制限がかかっています。医薬部外品である薬用育毛剤は説明書を読めば安全に使用することができるため、ネットや薬局、コンビニでも購入可能です。



薬用育毛剤は医薬部外品!効果が期待できると認められた商品



薬事法により細かい分類がされている薄毛対策商品ですが、通販サイトや薬局で名称が固定されている訳ではありません。発毛剤も養毛剤も、全て育毛剤として総称されるケースもあります。育毛効果をうたって販売している商品も、全てが医薬部外品ではないので購入の際には注意しましょう。購入したい商品のパッケージ裏には成分表が記載されているため、そこに医薬品、医薬部外品、化粧品といった表示があります。

厚労省で定義されている医薬品と医薬部外品、化粧品との違いを挙げてみましょう。まず、医薬品は人や動物の病気の診断や治療予防の為に使用される薬品です。医薬部外品は医薬品に準ずるもので、効果や効能が確認されているものです。ただし、効果はあくまでも予防の範囲内で、緩やかに作用して副作用も少ないものです。化粧品は皮膚や毛髪を健康に保つために使用されるもので、人体への作用が緩和なものとなっています。つまり、医薬品は効果があると国が認めているもの、医薬部外品は効果が期待できると認められているものです。化粧品は積極的に効果がある成分を使用していないものの、良い状態に導いてくれるもの、と位置づけられています。

一般的な薄毛対策商品は化粧品という扱いですが、「薬用育毛剤」は医薬部外品である商品が多いです。副作用は怖い、でも緩やかでも薄毛が改善できるものを使用したいという人は、薬用育毛剤を選びましょう。薬用育毛剤に含まれる成分は、頭皮環境を改善する成分と毛根を活性化する成分が組み合わさってできています。商品によって成分の配合が異なりますが、より安全性が高いものを求めるなら植物エキスなど天然由来成分で作られているものを選ぶといいでしょう。添加物が含まれておらず、より副作用のリスクを抑えることができます。



効果をアップさせる使用方法



効果によって医薬部外品と化粧品に分類される育毛剤ですが、最近の商品は研究開発が進んでおり、薬用育毛剤でも発毛が報告されるものもあるようです。そのため、効果だけに注目するのではなく、効果をアップさせる使い方を知っておきましょう。

まず、シャンプー後に使用するということです。どの薄毛対策商品でもそうですが、使用する際は先に頭皮を清潔な状態にしておきましょう。シャンプーをしっかり泡だて、指の腹でマッサージするように洗うと毛穴の汚れを落とすことができます。1日溜まった汗や皮脂を洗い流し、髪と頭皮を乾かした状態で使用すると有効成分が浸透しやすくなります。

次に塗る前は10分程度スチーマーで温めると効果的です。10分程度スチーマーで頭部を温めると浸透力がアップします。温めることで血行が良くなり、表皮も柔らかくなります。毛穴も開いた状態になるため、薬用育毛剤の成分が奥まで浸透しやすくなるのです。スチーマーが自宅に無い場合は、お風呂上がりの髪を乾かした後で使用するといいでしょう。髪を乾かさずに濡れた状態で使用すると髪に含まれた水分で成分が薄まり、十分な効果が得られません。

塗る際は頭皮をマッサージしながら揉み込むと良いです。薬用育毛剤に期待できる効果の1つに、頭皮環境の改善があります。頭皮が硬く、血行が悪いと毛髪に十分な栄養が届かず、未発達の毛が抜けていってしまうのです。薬用育毛剤にも血行促進効果かありますが、頭皮マッサージをプラスすると相乗効果が期待できます。シャンプーの時と同様に、指の腹を使ってマッサージしながら薬剤を揉み込んでいきましょう。生え際や側頭部など一部分のみに使用したい場合は容器の先端が細くなっている商品を選ぶと適量を塗ることができます。

次の記事へ