<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=1831753390397855&ev=PageView&noscript=1" />

薬用育毛剤とは?発毛剤・育毛剤・養毛剤の違い

「蘭夢」公式通販サイト > 豆知識 > 薬用育毛剤とは?発毛剤・育毛剤・養毛剤の違い

薬用育毛剤とは?発毛剤・育毛剤・養毛剤の違い

これまで男性の悩みだと思われていた薄毛ですが、最近では髪のボリュームダウンに悩む女性が増えて来ています。薬用育毛剤はそんなとき有力な選択肢のひとつです。発毛剤、養毛剤との違いや「薬用」の意味についても押さえておきましょう。

発毛剤・育毛剤・養毛剤の違い


女性の薄毛対策アイテムには、発毛剤、育毛剤、養毛剤の3つがあります。それぞれ配合成分やどんな症状に効果が期待できるのかが異なるため、自分に合ったものを選ぶことがポイントです。
発毛剤とは毛が生えてこなくなった部分に毛を生やすためのものです。厚生労働省により発毛効果が認められた有効成分が配合されており、毛母細胞に働きかけて発毛を促します。
発毛剤には内服薬と外用薬があり、いずれも医薬品のため医師の処方か薬剤師のいる薬局でしか買うことができません。また、効果が高い反面副作用のリスクがあり、未成年の使用が禁じられているほか女性の使用についても注意が必要です。
これに対し、育毛剤は生えている毛を育てることを目的としており、頭皮環境や血行を改善し髪に栄養を与えることで髪の成長を促進し抜け毛を予防します。中でも有効性が認められた成分が配合されているものが「薬用育毛剤」で、医薬品に比べ効果はおだやかですが、副作用のリスクが低いのが特徴です。
養毛剤とは頭皮や髪を健やかな状態に保つためのもので、薬機法の分類では化粧品にあたります。生えている毛をケアする点では育毛剤と同じですが、効果は育毛剤よりもマイルドです。

医薬品・医薬部外品って何?


ヘアケア製品は薬機法と言う法律で、医薬品・医薬部外品・化粧品の3つに分類されています。発毛剤は医薬品、育毛剤の多くは医薬部外品です。「薬用育毛剤」と表示されているものは医薬部外品にあたります。
医薬品とはいわゆる「薬」のことで、病気の治療・予防効果が厚生労働省により認められたものです。医薬品には医師の処方箋が必要な医療用医薬品と処方箋なしで購入できる一般用医薬品があり、一般用医薬品はリスクにより第一類から第三類までの3種類に分類されています。
第一類医薬品は副作用などのリスクに特に注意が必要なもので、販売出来るのは薬剤師のみです。販売する際には説明が義務付けられています。第一類以外の医薬品は、薬剤師だけでなく登録販売者も販売可能です。
第二類医薬品はまれに副作用が起きる可能性があるもので、説明については努力義務とされています。
第三類医薬品は副作用の可能性が低く、特に求められた場合を除き説明は必要ありません。
治療や予防を目的としている医薬品に対し、医薬部外品とは主に「防止」のために用いられるもので、効果・効能について厚生労働省の承認を得たものです。医薬品に比べて作用が緩和なことが特徴で、認められた効果・効能については表示することができます。
医薬部外品よりさらに効果が穏やかで、肌や髪を清潔にしたり、魅力を増したりするために用いられるものは化粧品に分類されます。種類が豊富でドラッグストアなどで手軽に購入できるのもメリットです。

薬用育毛剤とは


薬用育毛剤は薬機法に定められた「脱毛の防止、育毛」を目的として、有効性が認められた成分が配合された医薬部外品です。頭皮環境を整えたり生えている毛を丈夫にすることで抜け毛を防ぎ、髪をボリュームアップする効果が期待できます。薬用育毛剤は発毛剤と違い、生えてこなくなった髪を生やすことはできませんが、抜け毛が気になる、毛が細くなったなどの悩みを抱えた方におすすめです。
局所的に髪が薄くなる男性の薄毛に対し、女性の場合は全体的に薄くなるのが特徴です。男性の薄毛は男性ホルモンの影響が主な原因ですが、女性の薄毛は女性ホルモンの影響だけでなく、栄養不足などが原因となることもあります。ひと口に薄毛と言っても男性と女性では原因や特徴に大きな違いがあるのです。
薄毛に悩む女性が増えていることを背景に、最近では女性専用の薬用育毛剤が数多く登場しています。有効成分はもちろん、天然の植物由来の成分などが独自の割合で配合されており、相乗効果で育毛・発毛を促進するのがメリットです。さっぱりした使用感のものが多い男性用育毛剤に比べ、女性用は低刺激で頭皮の保湿にこだわったものが多くなっています。女性は女性専用の薬用育毛剤を選ぶのが良いでしょう。
育毛剤の中には「薬用」でなく化粧品に分類されるものも少数ですが存在しています。薬用でない育毛剤には有効成分が配合されていないため、薬用育毛剤に比べて効果が出るまでに時間がかかったり、期待外れの結果に終わることも少なくないようです。育毛剤を選ぶ際には「薬用」「医薬部外品」の表示を必ず確認するようにしましょう。

まとめ
薬用育毛剤の中には良い香りのするものなどもあります。育毛剤の効果は3ヶ月から半年は使ってみないとわからないと言われています。継続するためには楽しみながらケアできるものを選ぶのもポイントです。

次の記事へ