薬用育毛剤「蘭夢」公式通販サイト

logo

育毛お役立ちコラム

TIPS

女性の前髪がスカスカになる原因とは? 効果的な対策方法も紹介

前髪がスカスカになって地肌が透けている状態に悩んでいる女性も多いのではないでしょうか。前髪がスカスカになるとヘアスタイルが決まらないだけでなく、地肌が透けることで老けて見えたり、印象が悪くなったりすることもあるでしょう。その場合、原因を把握して適切な対策を行えば、前髪を再び健やかな状態に戻せる可能性が高いです。

 

本記事では、前髪がスカスカになる原因や、その対策方法について分かりやすく解説します。


おすすめの育毛剤を見る

女性の前髪がスカスカになる原因

 

女性の前髪がスカスカになって地肌が透けてしまう原因として挙げられるのは、主に以下の4つです。

 

  • 加齢による女性ホルモンの低下
  • ストレスによる自律神経バランスの乱れ
  • スタイリング剤などによる毛穴の詰まり
  • 牽引性脱毛症

 

加齢による女性ホルモンの低下

 

加齢による女性ホルモンの低下は、髪のボリュームにも大きく影響します。特に女性ホルモンの一種であるエストロゲンは、髪の成長を促進したり成長サイクルを正常に保ったりする働きがあり、加齢によってエストロゲンの分泌が減少すると髪が伸びにくくなります。

 

ストレスによる自律神経バランスの乱れ

 

ストレスによって自律神経のバランスが乱れることも薄毛の原因になります。自律神経のバランスが乱れると、血管が収縮して頭皮の血行不良を引き起こし、髪の成長に悪影響を及ぼす可能性があるからです。ストレスは、食欲不振や寝不足といった生活習慣の乱れにもつながりやすく、これらも前髪に影響します。

 

スタイリング剤などによる毛穴の詰まり

 

ヘアスプレーやワックスなどのスタイリング剤を使いすぎると、毛穴を詰まらせる原因となります。また、生え際のギリギリまでファンデーションやシェーディングパウダーといったアイテムを塗っている場合も、前髪の毛穴に影響しやすいです。

毛穴が詰まると髪の成長が妨げられて前髪が薄くなります。また、地肌が透ける原因にもなりやすく、注意が必要です。そのため、寝る前は必ずしっかり落とすことが重要です。

 

牽引性脱毛症

 

強い力で髪を引っ張るようなヘアスタイルは、毛根がダメージを受けて脱毛につながりやすいため注意が必要です。長期間にわたって行うと、牽引性脱毛症を引き起こして地肌が透ける可能性があります。同じ位置でまとめたり、あまり強く引っ張ったりしないよう気を付けましょう。また、ヘアアイロンやエクステの頻繁な利用も控えた方が無難です。

 

スカスカな前髪への対策方法

スカスカ前髪対策方法

スカスカな前髪を改善するには、適切な対策を行うことが大切です。

ここでは、4つの対策方法を紹介します。

 

シャンプーやヘアケアを見直す

 

頭皮や髪を適切に保つことで、透ける地肌や薄い前髪の改善につながります。そのため、シャンプーやヘアケアを見直すことが重要です。具体的には、以下の点に注意しましょう。

 

  • アミノ酸を主成分とした低刺激のシャンプーやコンディショナーを使う
  • シャンプーは頭皮に残らないようしっかりすすぐ
  • 生乾きの状態で放置・就寝しない
  • 頭皮マッサージを適宜行う
  • パーマやヘアカラーの頻度を抑える

 

生活習慣を整える

 

日常的な生活習慣を整えることも、薄い前髪を改善する対策になります。食生活ではバランスに気をつけ、特に、髪の成長に必要なタンパク質や亜鉛などのミネラル、ビタミン類を多く摂るとよいでしょう。

 

また、髪の毛を成長させる成長ホルモンは睡眠中に分泌されるため、質の良い睡眠を十分に取ることも重要です。食事も睡眠も毎日同じ時間に行うことで生活リズムができ、自律神経が適正に働きます。

 

さらに適度な運動で頭皮の血行を促すと、髪の生えやすさにつながります。散歩やストレッチなど、簡単な運動を毎日継続して行うと効果的です。

 

ストレスを溜めないようにする

 

ストレスは髪にとって悪影響のため、できるだけ溜めないように心掛けましょう。そのためには、自分なりの発散方法を見つけておくことが大切です。例えば、趣味やゲームに没頭する、一人カラオケで大声を出す、親しい人とおしゃべりをする、映画やドラマを鑑賞するなどがおすすめです。

 

地肌が透ける、前髪がスカスカしていることに対してもあまり悩みすぎず、現状に適したヘアスタイルにするといった前向きな気持ちが改善を促します。

 

ヘアスタイルを変える

 

ポニーテールやお団子など、髪を強く引っ張ったヘアスタイルは頭皮に負担がかかり、前髪が薄くなるおそれがあります。仕事で髪をまとめている女性も多いですが、一つにまとめる際は、太いヘアゴムやシュシュなどでできるだけゆるく結び、毎日結ぶ位置を変えるとよいでしょう。

 

また、気分転換を兼ねて、セミロングやショートにして髪を軽くするのもよい方法です。この場合、前髪をセンター分けやサイドの髪とまとめてしまうと、薄さが目立ちません。スタイリングでは、ブラシを使い、濡らした前髪の根元からゆっくり立たせるようにドライヤーで乾かすのがポイントです。

 

さらに、すっきりと前髪全てを後ろや左右に流し、女性らしいワンレングススタイルにするのもおすすめです。分け目やクセがあると前髪のスカスカ感がより強調されるため、分け方をジグザグにしたり、分け目を変えたりしてもよいでしょう。

あえて前髪の少なさを生かしたシースルーバングのスタイルにしても、明るくさわやかな印象になるのでおすすめです。

 

一覧へ戻る

今すぐ買う