薬用育毛剤「蘭夢」公式通販サイト

logo

豆知識

TIPS

髪を染めると薄毛になる?これって本当?

豆知識

2021.11.19

髪を染めると薄毛になる?これって本当?

髪を染めたことはありますか。
おそらく、多くの方が一度や二度、髪を染めたことがあると答えるのではないでしょうか。
では、「髪を染めていたら薄毛になる」という噂を聞いたことはありますか。
なんとも恐ろしい噂ですが、この噂は本当なんでしょうか。
今回はカラーリングが頭皮に与える影響について解説します。

髪を染めることが薄毛の直接的な原因ではないが…


結論からお話すると、カラーリング自体は薄毛の直接的な原因ではありません。髪を染めると必ず薄毛になるというわけではないのです。
それは、毛染めは本来、髪の毛にしか薬剤を付けないため、髪の毛の再生にかかわる毛根には影響しないためです。
しかし、気を付けていても、薬剤が頭皮に付いてしまうこともあります。頭皮に薬剤がついてしまうことで炎症やかゆみ、かぶれが起きて、そこから薄毛に繋がる可能性は十分にありえます。特にブリーチ(脱色)などをするとき、頭皮にピリピリとした刺激を感じた人も多いのではないでしょうか。これは、薬剤が頭皮にとって負担となっているからです。頭皮環境が悪くなることは育毛にとってよい状況とは言えません。


カラーを繰り返すと髪はボリュームダウンすることも


また、ヘアカラーを繰り返し行うことで、髪の毛がダメージを受けて全体的なボリュームがなくなり薄くなったと感じる人も多いでしょう。
髪の毛のキューティクルには、内側の栄養や水分が流れないように守ってくれる役割がありますが、ヘアカラーはそのキューティクルを開いて色を入れていくので、髪はダメージを受けます。ヘアカラーの頻度が多い人や、ヘアケアをしていない人は、髪が傷むことにより、切れ毛やハリやコシが失われボリュームダウンし、以前よりも地肌が透け薄毛に見えてしまう…なんてこともあります。

薬剤が直接薄毛を引き起こす原因ではありませんが、頭皮に付くことで、頭皮環境が悪くなったり、髪が傷みボリュームがなくなったりし、結果的に薄毛に繋がることは、十分にありえます。
そのため、髪と頭皮に少しでも負担をかけずにカラーリングする方法やその頻度、またカラーリングした後の注意点などを知っておくことがとても大切です。

頭皮や髪のダメージを最小限にするための注意点

1.短期間でヘアカラーを繰り返さない


過度なカラーリングは、髪の毛や頭皮の負担になる可能性も高いです。短い期間で頻繁に施術することはおすすめできません。できるだけ間隔をあけましょう。
どうしても生え際などが気になって間隔をあけるのが難しいという方は、全体に染めるのではなく生えてきた部分だけを染めるリタッチカラーなどで対策するのもおすすめです。

2.美容院でカラーリングをする


自分でのカラーリングは控えたほうがいいかもしれません。最近では市販のカラー剤もたくさん販売されていて、自宅でも手軽にカラーリングが行えますが、薬の強さの判断も自分では難しく、頭皮に直接薬剤がつきやすいなど、ダメージを与える可能性が高いです。自分では見えない場所でも、プロなら確実に頭皮にカラー剤が付かないようにしてくれますし、1剤と2剤の配合も調整してもらう事が出来ます。
また、プロによる施術では、髪や頭皮の状態を見ながら薬剤を選んでくれるだけでなく、薬剤を残さず落としてくれるというもの大事なポイントです。
カウンセリング時にしっかりと「頭皮に負担をかけたくないので頭皮につかないようにお願いします。」と伝えることもよいでしょう。

3.カラーリングの後のケアは入念に行う


カラーリングをすると、髪のダメージは否めませんので、適切なお手入れが必要です。カラーリングした後の頭皮は、薬剤が頭皮に触れることでとても傷つきやすい状態。できるだけ頭皮や髪に優しいシャンプーやコンディショナーを使うことも大切です。また、シャンプーするときはゴシゴシとこすったりせず、やさしく洗いましょう。
髪の毛はキューティクルがはがれやすい状態になっていて、髪に必要な栄養や水分が逃げやすい状況です。そのため、シャンプーの後に、保湿効果の高いトリートメントでケアすることもおすすめです。また、カラー剤に含まれるアルカリは刺激成分であり、地肌も乾燥させてしまします。潤いのなくなった頭皮はかゆみや炎症など様々な頭皮トラブルの原因にもなります。保湿効果の高い育毛剤などでケアするのもいいでしょう。ただし、育毛剤は毛染め後、すぐに使用すると色落ちをする可能性もありますので、2~3日あけるなど用法を確認しましょう。
お風呂から上がった後も、濡れた髪をそのままにせず、しっかりとドライヤーで乾かすことも大切です。濡れた髪の毛をそのままに放置すると、頭皮に雑菌が繁殖し、頭皮環境が悪くなる可能性もあります。

 

まとめ


「髪を染めていたら薄毛になる」という噂ですが、カラーリングが薄毛に直接的な関係はないものの、間接的に薄毛に繋がる可能性は十分にありえます。髪を染める場合は、頭皮や髪の毛への影響を最小限に抑えるように対策した上で行うことをおすすめします。

一覧へ戻る

初回限定キャンペーン

今すぐ買う