薬用育毛剤「蘭夢」公式通販サイト

logo

髪の日焼けにご注意を <vol.17> 2011年 6月号

雨がしとしと…、晴れの日が待ち遠しい季節となりました。
でも、せっかくなので雨音を聞きながら読書してみたり、
しっとりと咲くお庭のアジサイを眺めたり…。
梅雨の季節も楽しく過ごしたいですね♪

湿気が多くなるこの季節、みなさんの髪の状態はいかがですか?

 髪の毛が細かったりハリ・コシが足りなかったりすると、髪がぺしゃんとつぶれてしまいます。
それは、湿度が高いと髪の内部にまで水分が入り込むので、ボリュームがなくなります。
ハリ・コシの対策として普段から「蘭夢」をお使いになり、内側から強い髪を作りましょう。
 また、クセ毛の人や髪が傷んでいる人は、髪が湿気を吸うことでうねりが強くなり広がります。
傷んでいる部分は、キューティクルが一部はがれて薄くなっている状態で、
そこに水分が入り込むと、髪の表面に不均一なうねりが生じて広がって
しまいます。そういう方は、トリートメントをすることで髪に必要な
うるおいをたっぷり与えてあげることができます。そして、洗髪後は髪を
よく乾かすとキューティクルが閉じ、髪のまとまりが良くなります。
自分の髪の状態に合わせてお手入れをし、じめじめした梅雨を乗り切りましょう。

知っていますか?髪のこと。

髪の日焼けにご注意を! 

紫外線が髪にどんな影響を及ぼすかご存じでしょうか?
 毛髪は、主にタンパク質でできています。タンパク質は、アミノ酸のシステム結合によって構成されていて紫外線を受けることにより、この結合が分解してしまいます。その結果、毛髪のキューティクルが剥がれて、内部が乾燥し、枝毛、切れ毛などの原因となります。
 また、紫外線は、髪の内部にあるメラニン(毛髪を黒くしている色素)も分解してしまいます。これは、「光老化」という老化現象です。髪はパサパサになり頭皮も日焼けし、抜け毛も多くなります。
 紫外線から髪を守る為に、外出時には日傘や帽子をかぶるなどして、お肌と同じように、頭皮や毛髪もUVケアしましょう。   

脇町だより

第十七回 美郷のホタル

美馬市の東に位置する吉野川市の美郷では、毎年「ほたる祭り」が催され、5月下旬から6月中旬にかけて、ゲンジボタルをはじめ数種類のホタルが夜空に舞う幻想的な光を見ることができます。
 「ほたる観察会」など地元のボランティアの方の案内で鑑賞スポットの散策もできます。
 ホタルが見える条件としては、
 ①雨が降っていない
 ②湿度が高い
 ③風が弱く、気温の高い日
の3つで、時間帯は19時頃から光り始め、20時~21時頃が
一番の見頃です。
 また、1970年に美郷全域が「美郷のホタルおよびその生息地」として
国の天然記念物に指定されました。マイカーによる排気ガスや、強いライトからホタルを
保護する為に、無料シャトルバスの運行をして、自然環境保護にも努めています。


ミニ情報
ゲンジボタルは、棲む地域によって発光の仕方が違っていて、東日本の雄は約4秒に1度、西日本の雄は約2秒に1度光るそうです。美郷のホタルは西日本型です。

 

商品一覧を見る

今すぐ買う