薬用育毛剤「蘭夢」公式通販サイト

logo

自然に抜ける髪の本数<vol.132>  2021年 3月号

日差しも暖かくなり、日に日に春の訪れを感じるようになりましたね。皆さまお元気にお過ごしでしょうか。この冬、徳島県では例年よりも寒さが厳しく感じられましたが、皆様のお住まいの地域ではいかがでしたか?
春になると穏やかな気候のせいか、なんだか気持ちも明るくなり、良いことが起りそうな気がしてきますね。日も長くなり、過ごしやすい気候になりましたが、まだまだ寒い日もありますので、体調には十分気を付けてお過ごしください。
さて、3月の行事は、ひな祭り、ホワイトデー、お彼岸などがありますね。その中でもお彼岸の中日にあたる「春分の日」はどのような日かご存じですか。本格的な春の訪れを告げる日で、この日を境に暖かさが増していきます。この日は「昼と夜の長さが等しくなる」ことは知られていますが、実際は昼の方が少しだけ長いそうです。
また、法律で定められている祝日で「自然を称え、将来の為に努力する日」とされています。
新しい季節を目の前に、景色も変わりゆくこの時季。もうすぐ本格的な春の始まりだと思うと嬉しさで気が緩みがちになります。一日も早く新型コロナウイルス感染症が収束して安心できる日常が戻るように、一人一人が気を引き締めて努力していきましょう。

 

知ってますか?髪のこと。

自然に抜ける髪の本数

人の毛の数は約10万本で、少ない人で6~7万本、多い人で13~14万本です。
自然に抜ける1日の本数は40~70本と言われていますが、1日に80本を超える人もいます。100本を超えなければ正常です。
抜け毛の数は季節によっても変動があり、夏の終わりから秋にかけて多くなります。それは夏の暑さや強い紫外線が影響していると考えられますので、その時期を過ぎれば落ち着いてきます。
ストレスや体調の変化で抜け毛が増えることもありますので、体調を整えることも大切です。
抜け毛を少なくするために、日ごろから頭皮を清潔にして蘭夢シリーズのご使用とマッサージでお手入れすることをおすすめします

 

 

Q&Aのコーナー

社名の「メリクロン」ってどういう意味?

メリステム(分裂組織)とクローン(栄養繁殖系)の合成語で、無菌的に培養し、増殖された苗を意味する言葉です。メリクロン技術はフランスで生まれたランの培養技術です。シンビジウムは数を増やすのが大変でこれまでは「株分け」という方法しかなく、時間がかかるものでした。
当時の日本にはメリクロン技術に関する知識も文献もなかった為、当社創業者河野通郎が独学で研究し、独自のメリクロン技術を確立した結果、大量生産に成功しました。その後品種改良を重ね、500種類以上の新品種を世に送り出しました。

 


毛髪診断士がおすすめする春の食べ物

今回おすすめする春の食べ物は「春キャベツ」です。
栄養価の高い春キャベツはビタミンCや食物繊維が多く含まれ美容に良いことは知られていますが、血行促進と抗酸化作用もあります。血行促進は毛細血管へ良い影響を与えますので健康な髪を育てることにも役立ちます。
ビタミンCは熱に弱く、水に溶けやすいのでさっと蒸したりサラダにして食べるのがおすすめです。また豚肉と合わせて調理すると、キャベツのビタミンCが豚肉に含まれる鉄分の吸収を助け、髪のパサつきの原因にもなる貧血を防ぎます。
旬の春キャベツを食べて髪も体も元気に過ごしましょう。

 

商品一覧を見る

今すぐ買う