お酒やたばこは髪によくない? <vol.98>  2018年 5月号

青葉が眩しい季節になりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
5月にちなんだ言葉には「万緑」「葉桜」「新樹光」など緑あふれる言葉がいっぱいです。1年で一番過ごしやすい時季ですので、天気の良い日にはお出かけしたくなりますね。
ここ徳島県には日本三大秘境と言われる高さ約200mの断崖絶壁とエメラルドグリーンの祖谷川が流れる深いV字谷の「祖谷渓」があります。祖谷渓にはシラクチカズラで作られた長さ45mの国指定重要有形民俗文化財の「かずら橋」や、祖谷渓のシンボル「小便小僧」の像など見どころがたくさんあります。紅葉の季節はもちろんですが、新緑の眩しい今の時季もお勧めです。
この素晴らしい景観を見にぜひ徳島へお越しください。その際は当社あんみつ館へも足を延ばしていただき、美しい洋蘭をご堪能下さい。

 

知ってますか?髪のこと。

お酒やたばこは髪によくない?

血流が頭皮や髪の健康に関係しているのは一般的にも知られています。適度な量のアルコールは血流が増え、頭皮が活性化されます。しかし飲みすぎると血流が悪くなる為、注意が必要です。
また、たばこにはニコチンやタールなどの有害物質が含まれていてこれが酸素の供給を悪くしたり、血管を収縮させるので頭皮への血流が悪くなります。健康な髪を育てるためにもアルコールはほどほどに、そして喫煙は控えるよう心がけましょう。

Q&Aのコーナー

よく帽子をかぶりますが、髪にはどのような影響がありますか?

紫外線が強くなってきましたね。紫外線は髪や頭皮を傷めてしまうので保護するために帽子をかぶることは効果的です。しかし、長時間帽子をかぶったままでいると、汗をかき、頭皮がむれてしまいます。この状態が続くと皮膚のバリア機能が低下し、細菌などによる外からの刺激を受けやすくなります。
 屋内では帽子をぬいだり、こまめに汗を拭ったりして、むれないようにしましょう。また、通気性のよい素材の帽子を選ぶこともおすすめです。

 

商品一覧を見る