<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=1831753390397855&ev=PageView&noscript=1" />

夜型でも安心!?夜勤の人でもできる薄毛対策

「蘭夢」公式通販サイト > 豆知識 > 夜型でも安心!?夜勤の人でもできる薄毛対策

夜型でも安心!?夜勤の人でもできる薄毛対策

多くの人が抱えるコンプレックスに薄毛に関するものがあります。不安定な生活リズムが抜け毛の進行を早めると言われるケースも多いのですが、中でも夜型生活は警鐘を鳴らされる傾向があります。しかし夜勤体制のせいで昼夜逆転化している場合には、状況を変えることができません。そこで気になるのは、夜型生活は本当に薄毛を促進させるのかということと、その対策についてです。

夜型の人はハゲると言われる理由


ハゲで困っている人以外であっても、夜型生活を送っている場合には髪の毛が薄くなりやすいという噂を一度くらいは耳にした経験があるのではないでしょうか。夜型だから必ずハゲるというわけではありませんが、髪の毛を成長させるためには22時から2時までの4時間の間に睡眠をとっておくことが重要な対策だといわれています。これはその時間帯が睡眠のゴールデンタイムであるという考えに基づいており、このゴールデンタイムの存在こそが夜型生活の人がハゲると言われる理由です。
人間にとって欠かせない睡眠を毎日きちんととるのはいろいろな面において大切です。浅い眠りになってしまうと疲労を回復させにくくなるため、髪の毛の成長にも悪影響が及びます。場合によっては夜勤が原因で睡眠障害に陥って、結果的に薄毛の原因になることも考えられます。また睡眠のみならず日常的な食生活が狂ってしまい、髪の毛を成長させるために必要な栄養素が摂取できないケースもあります。
このように夜型生活の人がハゲると言われる理由は、ゴールデンタイムに睡眠がとれない、深い眠りが期待しづらい、食生活が乱れやすいなど、多種多様な形で存在することがわかります。

睡眠と髪の関係


睡眠の量や質と髪の毛が結びつけられて考えられる場合も多く、これらには大きな関係性があると指摘されています。健康的な髪の毛を作り上げるためには毛母細胞の分裂が欠かせませんが、睡眠に問題が発生することによって分裂しづらくなってしまい、その結果生えてくる髪の毛に悪影響が及ぶと考えられています。
また睡眠している間は血行状態がより良くなりやすいので、夜型の影響などにより睡眠に乱れが発生すると、頭皮の血行も悪くなります。抜け毛改善のやり方に血行を改善させる方法があるように、きちんと睡眠をとることによって、ハゲにくい状態に整える必要があるのです。
直接的に睡眠と髪の毛の関係を繋げて考えるのは難しいですが、これらの関係を意識して可能な限り生活を改めることは、結果的に薄毛対策にもなるでしょう。
良質な睡眠をとることによって、日々蓄積されるストレスや疲労を解消したり、成長ホルモンの分泌を盛んにしたりすることができます。ストレスや疲労が髪の毛の成長に悪影響を与えるというのは常識ですし、成長ホルモンと髪の関係性も同様です。そのため、睡眠をないがしろにするというのは髪に関するコンプレックスからの解放を目指すうえで絶対にやってはいけない行為です。

夜勤の人の薄毛対策


夜型生活は薄毛にも良くないということがわかりましたが、夜勤の人は根本的に生活リズムを改められません。しかし、実際問題夜型でもハゲていない人はたくさんいます。あくまでも夜型生活はハゲやすいと言われるだけなので、対策をきちんと行えば薄毛の進行を食い止めることは可能です。
まず気をつけるべきは睡眠の質を上げることです。夜型生活の人でも工夫をすることにより良質な睡眠を得ることができます。交代制の仕事の場合は睡眠開始時間を固定化するというのは困難かもしれませんが、できるだけ固定化するようにしたいものです。一年中夜勤ばかりでなくて一定期間ごとの交代勤務の場合には、意識的にゴールデンタイムに睡眠を摂るようにしましょう。
睡眠に関する対策方法以外にもおすすめのものは数多くあります。髪の毛に悪影響を及ぼしやすい食べ物を減らして逆に良い食べ物を積極的に摂取し、理想的な食生活を送ることも重要です。その他ストレスや疲労がハゲの原因になることも分かっており、効果的に発散できるやり方を見つけ出して精神状態を安定させるようにしましょう。自分では気づかないかもしれませんが夜型生活を送ると自律神経が乱れやすくなるため、食事やタバコ、お酒などに注意をし体に配慮すべきです。
これらの方法が夜勤の人が行うべき薄毛対策となり、継続することによりハゲを防止する効果も期待できるでしょう。特に難しいやり方ではないので、努力をし続けることが大切です。

まとめ
夜型生活が髪の毛に悪いのは常識ですが、まずは上記のような対策を実行してみましょう。そして夜型中心の生活を昼型に戻せる場合は、少しづつでも戻すことが大切です。夜勤などによりそれが無理な場合でも地道に薄毛対策を行うようにしましょう。何よりも良質な睡眠を得るための工夫を行い、食生活やストレスの解消法にも配慮する必要があります。自分は夜勤なので仕方がない、と諦めないようにして、できる限りの工夫を行い、日常生活にも心身ともにゆとりを生み出すことが重要です。

次の記事へ