薬用育毛剤「蘭夢」公式通販サイト

logo

豆知識

TIPS

髪の自然乾燥は薄毛につながる!?

豆知識

2022.11.21

洗髪後、ドライヤーで髪を乾かすのが面倒だからといって、ついつい髪が濡れたままそのまま放置していませんか。実はこの行動、頭皮環境を悪化させてしまう原因になりかねます。

自然乾燥をすることで髪や頭皮にどのような影響が出るのか詳しく解説します。

 

シャンプー後、濡れた髪のまま過ごすとなぜいけないのか?

雑菌が繁殖しやすくなる

髪や頭皮が濡れた状態が続くことで、頭皮の雑菌が繁殖しやすい状態になってしまいます。
生乾きの洗濯物と同じで、嫌なニオイの原因となり、かゆみや炎症といった頭皮トラブルを起こすこともあるでしょう。
また自然乾燥してしまった頭皮や髪の毛は必要以上に水分を蒸発させてしまい、水分を保とうと頭皮から皮脂が多く出てしまいます。
皮脂が多く出てしまうと、さらに雑菌が繁殖してしまい、頭皮が荒れてしまいます。
雑菌繁殖によって、頭皮環境が悪くなると、髪の成長に大きなダメージを与えてしまいます。

フケの原因になる

頭皮環境が悪化すると角質が剥がれてしまい、フケの原因となってしまいます。
頭皮のフケが増えると、皮脂や汚れ、ほこりと混じり合い、毛穴に詰まり角栓を構成する恐れがあります。
フケでお悩みの方は一度自然乾燥をやめて、しっかりとドライヤーで乾かしてみると、フケが改善されるかもしれません。

血行不良で栄養が行き届かなくなる

髪や頭皮を濡れたまま放置してしまうと、蒸発の際に熱が奪われて頭皮が冷えた状態になります。
頭皮のすぐ下には毛細血管が流れており、冷えの影響を受けやすいため血流が悪くなります。
栄養や酸素は、毛細血管の中を通って毛根に届けられるので、血流が滞ることにより十分な栄養が行き届かなくなります。
発毛、育毛には、頭皮の血行がとても重要です。血行が悪くなることで抜け毛が増えたり薄毛になったりするなど、さまざまな髪のトラブルの原因になる恐れがあるでしょう。

ドライヤーを正しく使いましょう

自然乾燥による頭皮トラブルを避けるためにも、頭皮や髪をドライヤーでしっかり乾かしましょう。

髪は普段、本がキューティクルというバリアで守られていますが、濡れた状態になると表面のキューティクルが開いて剥がれやすくなり、髪同士の軽い摩擦などで大きくダメージを受けてしまうことになります。

ドライヤーで髪をできるだけ素早く乾かすことで、キューティクルを正常な状態に戻すことができます。
髪には熱に弱い一面がありますが、キューティクルが開いたままの状態で放置するよりも、ドライヤーを正しく使って手早く乾かしたほうが、髪の健康には良いと言えるでしょう。
ドライヤーを使用するときは、一番乾きにくい襟足から乾かし、次に左右の耳の周り、おもに根元に温風を当てながら髪の中間、毛先の順番に乾かしていきます。

必要以上に熱が当たらないように、頭皮から15~20センチくらい離して使うのがポイントです。
ただ髪を乾かしすぎると、皮脂がいつも以上に多く分泌してしまい頭皮は刺激に弱い状態となるので注意しましょう。

温風を使うと頭皮や髪の毛の乾きは早いですが、頭皮も髪の毛もダメージを受けやすくなってしまいます。温風を当てるときは一箇所に長時間当てないよう、こまめに場所を移動しながら乾かしましょう。

また頭皮や髪の毛を守りながら乾かすためには、冷風も使うようにしましょう。

冷風で余熱を取ることで、キューティクルが整って艶のあるきれいな髪に仕上がります。

短い髪なら濡れたまま放置していても、自然に乾くから大丈夫だろうという考えの方も多いと思います。
しかし、髪は乾いていても「頭皮」は乾きにくいので髪の長さは関係ありません。
髪の長さに関係なく、しっかりと乾かしましょう。

乾かさずに寝てしまった場合の対処法とは

体調がすぐれない時や時間に追われて忙しい時など、どうしても髪を乾かせずそのまま寝てしまうこともあると思います。
そのような時は、次の方法で、髪を傷めずに保つことが期待できます。

髪を洗い終わったあとに指で髪を軽く絞り、ある程度水分を落とした後に清潔な乾いたタオルを巻いて水気を吸わせておくことが大切です。
お風呂から出たら、頭に巻いたタオルは外して、別の清潔な乾いたタオルを使い、髪の水分を吸わせておきます。頭皮の水分はふきとりにくいため、髪をかきわけて根元をタオルで優しく抑えて吸わせるといいでしょう。

髪が長い場合は、タオルで髪を包みこんで優しくぽんぽんとたたくようにして水分を取ります。
このとき、髪や頭皮をごしごしとこすると摩擦で髪が傷んでしまう原因となりますので、注意が必要です。
また洗い流さないトリートメントでしっかりケアをしてあげるのもお勧めです。
髪の毛表面のキューティクルを保護し、ダメージから守ることが期待できます。

まとめ

必ず髪を乾かさないといけないということではありませんが、自然乾燥による髪への影響を考えると、できるだけ自然乾燥は避けていただき、健康な髪や頭皮を維持していきましょう。

 

記事監修

毛髪診断士:湯藤ゆい

一覧へ戻る

初回限定キャンペーン
お得!育毛剤の定期便

今すぐ買う