薬用育毛剤「蘭夢」公式通販サイト

logo

豆知識

TIPS

「光老化」は頭皮にも? 紫外線が髪の毛や頭皮に与える影響

豆知識

2021.06.02

「光老化」は頭皮にも?

「光老化」は髪の毛や頭皮にも影響する?

「光老化」という言葉を年々耳にすることが増えたと思います。「光老化」と聞いて真っ先に思い浮かべるのは、シミやしわなどの肌のトラブルではないでしょうか。
ですが、実は「光老化」は頭皮にも起こります。今回は、髪の毛や頭皮にも及ぶ紫外線の悪影響について説明します。

そもそも「光老化」とは?

「光老化」とは、加齢による「自然老化」とは違い、紫外線を長年浴びたことによって引き起こされるもので、米国皮膚科学会では、老化の約80%が紫外線(光老化)による影響だと考えられています。
紫外線が肌にとって大敵であるということはほとんどの方が理解していると思います。

では、「光老化」は肌だけに起こるのでしょうか。
露出している顔や体ばかりに目を向けて、ついつい忘れやすくなるのが、頭皮です。

頭皮は肌と1枚の皮膚で繋がっていますが、顔や体にはしっかり日焼け止めを塗っても、髪の毛や頭皮は無防備のまま…なんてことはないですか。

頭部は体の中で最も太陽に近く、また黒髪は太陽の光を集めます。その部分が焼けないわけがありません。髪の毛も頭皮も肌と同様に紫外線の影響を受けるのです。紫外線ダメージを長年そのままにすることで頭皮も「光老化」を起こし薄毛や抜け毛の原因になることもあります。

日焼けにより、パサつきゴワゴワ髪になる!

具体的に日焼けをすると髪の毛や頭皮にどのような影響があるのでしょうか。

肌には、紫外線を吸収してくれるメラニンという色素があります。しかし髪の表面にはメラニンが存在しないため、髪の毛は紫外線によるダメージを受けると、髪の毛の表面を覆っているキューティクルがはがれやすくなり、パサつきゴワゴワした手触りになり、抜け毛や切れ毛の原因になることも。

頭皮への紫外線の影響は?薄毛や抜け毛の原因にも

肌と頭皮は同じ皮膚ですので、頭皮ももちろん日焼けします。

肌が日焼けしたときと同じように、頭皮も紫外線を浴びることで乾燥し、日焼けにより乾燥し硬くなった頭皮は、まるで干からびた畑。そんな土壌で、健康な髪は生えるはずも無く…。また長年、紫外線を浴びることで頭皮の光老化が進行し、頭皮は血行不良になってしまいます。血行不良は育毛にとって大敵。血行が悪くなることで、ゆくゆくは抜け毛や薄毛の原因になる可能性もあります。

このように紫外線は肌だけではなく、髪の毛や頭皮にも悪影響を及ぼすので、肌と同じように髪の毛や頭皮も紫外線対策を行う必要があります。
では具体的にどのような対策があるのでしょうか。

髪の毛や頭皮を紫外線から守るための対策

日焼けが肌だけではなく、髪の毛や頭皮に与える影響が大きいことはお分かりいただけたでしょうか。
紫外線から髪の毛や頭皮を守るために、日常生活でできる日焼け対策をご紹介します。

まずは紫外線を予防しよう!

・帽子をかぶる

直接的な日差しを防ぐには最も手軽な方法です。ただし真夏など長時間かぶっていると頭部が蒸れてしまいます。雑菌の繁殖などが考えられるので清潔で通気性の良い帽子を選びましょう。汗をかいたときは、こまめに汗を拭くことが大切です。その時はゴシゴシと拭かず、やさしく抑えるように拭きましょう。

・日傘を使う

日傘を使うこともとっても有効な日焼け対策です。最近では男性用や子供用の日傘も販売されています。
実は選ぶ色によって紫外線からガードする力に差があることはご存じでしょうか。白よりも黒い日傘の方が紫外線を吸収するので、紫外線対策としては断然黒い傘をおすすめします。

・日焼け止め製品を使う

最近では、髪や頭皮に使える日焼け止めも多く販売されていますので、活用するとよいでしょう。ただUVカット効果の持続時間には限りがあるので、数時間おきに塗りなおしをしましょう。

・髪の毛の分け目をこまめに変える

いつも髪の毛の分け目が同じ方は、紫外線によるダメージを集中的に同じ場所に受け続けてしまいます。こまめに分け目を変えることで、同じ部位ばかりがダメージを受けづらくなり、負担が軽減できるでしょう。

紫外線ダメージを受けてしまった場合の対処方法は?

紫外線予防の対策をしたからといって、すべての紫外線を防げるということではありません。また、予防ができずに外に出てしまうこともあるかと思います。
では、髪の毛や頭皮が紫外線によるダメージを受けた時はどのようにケアをすればよいのでしょうか。

・まずは、髪の毛や頭皮をしっかりクールダウンしよう

真夏の炎天下の中で過ごすと、髪の毛や頭皮にかなり熱を持ちます。
そもそも日焼けとは軽いやけどの状態。まずは、頭部にこもった熱を逃がし、冷やしたタオルなどで頭皮を覆って、熱を下げることも大切です。

・やさしくシャンプーをする

汗をかいたのでさっぱりさせたいとゴシゴシとシャンプーをするのはやめましょう。
たっぷりと泡を立てて、やさしく頭皮を洗いましょう。温度も熱い温度は避け、少しぬるめの35℃~40℃くらいの温度で洗うことを心がけましょう。使用するシャンプーも刺激の少ないものがおすすめです。

・髪の毛や頭皮を保湿する。

強い紫外線を浴びた後、髪の毛がパサパサと乾燥しやすくなります。コンディショナーなどを使ってしっかりと保湿しましょう。

また、紫外線を浴びると髪の毛と同じように頭皮も乾燥しています。健やかな頭皮のためには、保湿は欠かせません。保湿効果のあるローションタイプの育毛剤や炎症を抑えてくれる抗炎症成分の入った育毛剤などを使用し、日焼けダメージを受けた頭皮もケアすることをおすすめします。

一覧へ戻る

今すぐ買う