薬用育毛剤「蘭夢」公式通販サイト

logo

豆知識

TIPS

統計データから読み解く育毛剤の気になる効果と男女比は?

豆知識

2021.05.06

薄毛は男性の悩みと考えている人も多いかもしれませんが、女性でも薄毛に悩んでいる人はいます。

そこで本記事では、統計データから男性と女性の薄毛への意識の違いや育毛剤の効果、それぞれに合った育毛剤を選ぶべき理由を解説していきます。

女性だからといって薄毛にならないとは限りません。
男性でも女性でもこちらの記事を参考にして、正しく薄毛を防止・改善していきましょう。

 

統計からみる男性と女性の薄毛への意識の違い

まずは株式会社リクルートライフスタイルが2019年に行った「薄毛に関する意識調査」から、男女間での薄毛に対する意識の違いを見ていきましょう。

1.自分が薄毛であることを意識している人の割合

調査によると、自分が薄毛であることと意識している人の割合は、男性が全体の約27%、女性は約10%であることがわかりました。

男性のほうが高くなっていますが、2017年の同じ調査と比べてみると、薄毛であると感じている男性の割合は1.3%ほど下がっています。
それに対して女性の場合は1.8%増加しており、女性でも薄毛だと感じている人は増えているようです。

また男性は薄毛と自覚がある約27%の男性のうち、薄毛を気にしているのは約20%です。
一方女性は約10%のうち、約9%の人が気にしていると回答しており、同じ薄毛でも女性のほうが気にしやすい傾向であることがわかります。

女性は、男性より髪の毛が長い人が多いぶん、薄毛になると目立ってしまうこともその理由の1つでしょう。
また女性は男性と比較すると、薄毛に悩む人が少ないため、自分が薄毛になってしまったときに周りと比べてしまうこともあるのかもしれません。

2.薄毛を実感するようになった年齢

自分は薄毛であると自覚していると回答した男性が、薄毛が気になり始めた年齢は、平均で38.2歳となっています。
一方女性の場合は41.4歳と男性に比べると遅い結果となりました。

男性は40代前半で薄毛を実感した人が1番多く、そこから減少していく傾向にあります。
対して、女性は40代前半と50代前半で実感した人が多くなっていますが、そこから減少する結果となりました。

3.薄毛になってしまった原因

男性も女性も薄毛の原因1位は加齢や老化ですが、2位では結果に違いが出ています。

男性の2位は遺伝によるものです。
家族や親族に薄毛の人がいると、早い段階から薄毛に対する意識を持っている男性も多いでしょう。

女性の2位はホルモンバランスの変化です。
1番薄毛を実感する人が多かった50代前半は、女性が更年期に差し掛かる年齢でもあります。

更年期になるとホルモンバランスが急激に変化しますので、髪の毛にも影響が出ることがあるのです。

3位は男女ともにストレスという結果になりました。
毎日誰もが何かしらのストレスにさらされていますが、過度なストレスは自律神経やホルモンバランスを崩し、薄毛の原因になってしまいます。

4.男女間の薄毛対策の違い

男性・女性 薄毛ケアランキング

この調査によると薄毛を予防・改善するための対策を講じるのは男性のほうが高い傾向にあることがわかりました。
男性も女性も市販品や自宅でできるケアを中心に行っています。

まず男女ともに薄毛対策の1位となったのが、市販の育毛剤やローション、発毛剤などです。
手軽に買うことができるので、気軽に始める人も多いのでしょう。

男性向けの育毛剤のほうが多い印象ですが、最近はドラッグストアなどでも女性向けの育毛剤を種類豊富に取り扱っている傾向にあります。

男性の2位は薄毛対策用シャンプーという結果になりました。
薄毛対策用シャンプーはさまざまなメーカーから出ていますから、手軽に始めやすくなっていると考えられます。

3位は市販薬や漢方、4位は自分でできるヘッドマッサージ、5位が薄毛が目立たないような髪型に変えるという結果になりました。

女性の2位は「薄毛が目立ちにくい分け目や髪型にする」でした。
髪型のバリエーションが豊富な女性は、髪型を変えることで薄毛対策をする傾向にあるようです。

3位は薄毛対策用シャンプーやトリートメントの使用、4位は自分でできるヘッドマッサージ、5位はヘッドスパやマッサージに行くという結果になりました。
女性向けヘアサロンではヘッドスパやマッサージを行っているところも多いですし、美容院に行くついでに行う人も多いのではないでしょうか。

5.薄毛対策にかけている金額

男性女性合わせて薄毛対策に1番お金を使っているのは、20代男性で5,549円という結果になりました。
薄毛対策に対する意識は若いうちのほうが高い傾向にあります。

女性も20代で3,725円となっており、全年代のなかでも20代が1番高いです。
20代女性を除き、男女ともに全年代で現在薄毛対策にかけているお金以上の金額をかけてもいいと考えているという結果も出ています。

薄毛が気になっている人の薄毛に対する意識は男女ともに高く、いい育毛剤や薬などがあれば使ってみたいと感じている人も多い傾向にあるのではないでしょうか。

(引用https://www.recruit-lifestyle.co.jp/uploads/2019/07/RecruitLifestyle_HBA_20190725_2.pdf)

育毛剤を使うときの3つの注意点

男女ともに育毛剤を使うときに気をつけてほしいことを解説します。
以下の注意点に気をつけて、育毛剤の効果を高めましょう。

育毛剤を選ぶときの注意点2.長期的に使えるものを選ぶ

育毛剤は1本あたりで考えるとそこまで高く感じないかもしれませんが、長期的に使わなければ効果が実感できません。
いくらいい育毛剤を1ヵ月だけ使ったからといって、薄毛や抜け毛が急激に改善されるわけではないのです。

育毛剤を選ぶときはコストを考えて、長期的に使い続けることができるかも意識するようにしましょう。

育毛剤を選ぶときの注意点3.効果がすぐに出なくても諦めない

育毛剤は薄毛や抜け毛の予防を目的とした医薬部外品です。
予防効果が期待できますが、使ったからといってすぐに効果が出るとは限りません。

使ってすぐに効果が実感できないからとやめてしまう人もいるかもしれませんが、まずは6ヵ月使って様子を見ましょう。
それより長く使ってもなかなか効果が感じられないのであれば症状や体質に合っていないことも考えられます。

育毛剤を選ぶときの注意点4.天然成分配合のものを使う

育毛剤には薄毛や抜け毛を予防する効果のある有効成分が配合されています。
この有効成分は大きく分けて天然成分と合成成分に分類できるのですが、頭皮に優しいのは自然界にある植物などから抽出された天然成分です。
成分をきちんとチェックして使うようにしましょう。

男女ともに薄毛対策をしておくことは重要

薄毛は男性特有のものと考える人も多いですが、女性の薄毛は年々増加傾向にあります。
男性でも女性でも自分に合った薄毛対策をしておくことが将来後悔しないためには大切です。
髪や頭皮が気になり始めたら、早めに育毛ケアを始めることをおすすめします。

一覧へ戻る

今すぐ買う