薬用育毛剤「蘭夢」公式通販サイト

logo

豆知識

TIPS

若ハゲにならないためにも若いうちから抜け毛の対策をしよう

豆知識

2021.03.12

若ハゲの対策には育毛シャンプーの使用を

 

若ハゲの対策には育毛シャンプーの使用をのイメージ画像

年齢を重ねるうちに気にならなくなるひとも多いかもしれませんが、若いうちはハゲ、という言葉に過剰に反応してしまうこともあるでしょう。しかし、自分自身が実際に薄毛などではない限りは他人事で、若いうちから抜け毛の対策をしているという方はあまり多くないのが現状です。

しかし、近年特に欧米化も進んでいることで、食生活や生活習慣は大きく異なってきています。日本人の体質に合わない食事や生活をすることで体に負担がかかり、若ハゲになる方たちも増加してきています。他にも寝不足やストレスといった原因なども考えられており、複合的要因から抜け毛が多くなることもあります。

しかし、若いうちから気にしてケアなんて、と考える方もいるでしょうが、将来的に悩まないためにも予防は非常に重要です。対策を始めるのに早すぎるということはありません。例えば分け目が目立ってきた、生え際が気になってきた、抜け毛が増えたといったことも若ハゲの前兆とも考えられます。手遅れになってしまう前に対策を始めておきたいものです。

対策の方法としては様々なものがありますが、そのうちの一つに育毛シャンプーがあります。お風呂に入る際にシャンプーをしますが、単に髪を洗うという事を洗髪だと考えている方はいないでしょうか?シャンプーには重要な意味があり、その語源はヒンズー語で「押す」という意味です。すなわち、髪を泡立てて洗うのではなく、頭皮全体をマッサージする感覚がシャンプー本来の意味に近いのです。頭皮全体をマッサージすることで毛穴に含まれる余分な汚れや皮脂などを落とすことができ、健康的な頭皮につながります。

育毛シャンプーはただ髪を泡立てるだけではなくきちんとマッサージするようにしましょう。頭皮をマッサージすることで血液の流れが良くなり、さらなる抜け毛対策に繋がります。



育毛シャンプーで抜け毛対策



シャンプーで頭皮をマッサージすることは抜け毛、引いては若ハゲ対策に繋がりますが、正しい手順を踏むことで頭皮の環境をよくすることができます。

シャンプーには実に様々な種類があり、それぞれ含まれている成分は異なります。人によっては合う合わないなどがありますが、その中でも頭皮の環境を整えたい場合には育毛シャンプーを選択すると良いでしょう。

例えばドラッグストアなどで販売されている通常のシャンプーを使用している人も多いかと思いますが、通常シャンプーは薄毛の対策をするために作られていません。使用することで皮脂や頭皮の汚れは落とすことができますが、頭皮にとって必要な皮脂までも洗い流してしまう可能性もあります。全ての皮脂を洗い流すことによって、頭皮が痒くなったりフケを発生させる原因にもなり得るのです。頭皮にとって必要な皮脂は残して頭皮を清潔に保ちたいと思っている場合には育毛シャンプーの活用を検討しましょう。

では、なぜ切れ毛や抜け毛を防ぐことが可能なのでしょうか。若いうちは髪の毛も元気で抜け毛や切れ毛は起こりにくい状況ですが、それでも必ずしも起こらないとは限りません。若いうちからでも抜け毛などは十分に発生する恐れがあると言われています。

そのためにはシャンプーやトリートメントで髪をしっかりと守る必要があります。育毛シャンプーには今ある髪の毛を守る成分が豊富に含まれており、髪に必要な成分をしっかりと含んでいます。必要な成分がしっかりと含まれていることで、髪へのダメージを最小限に抑えることができるのです。

ただし、育毛シャンプーにも気を付けなければならない点はあります。例えば使用回数を守ることです一日に何回も使用することは逆に頭皮や髪にダメージを与える可能性が高くなります。洗髪は1日1回で十分なので使用回数は守るようにしましょう。また、説明書をきちんと読み、正しい方法で洗うこともとても大切です。



シャンプーは正しい方法で行おう

 

シャンプーは正しい方法で行おうのイメージ画像


若ハゲ対策の一環として育毛シャンプーを使う場合、使用方法も非常に大切です。ただ単に育毛シャンプーを使用すれば対策ができているというわけではないため、正しいシャンプーの方法を知りましょう。

初めに、髪の毛を洗う前にブラッシングをすると良いでしょう。特に髪の毛が長い女性は髪が絡まり、そのまま洗うと切れ毛や抜け毛などの原因になることが考えられるため、しっかりと髪の毛をブラッシングでほぐしてから洗うと良いでしょう。

ブラッシング後はシャワーで汚れを落とします。人によっては水で簡単に濡らしてすぐにシャンプーをつける人がいますが、まずは十分にシャワーをして髪についた汚れや余分な皮脂を落とすことが大切です。

シャワーで洗い流したらシャンプーを直接頭皮に塗るのではなく、まず手のうちで泡を立てます。シャンプーで泡を立てない人は意外に多くいますが、すすぎ残しは抜け毛の原因となります。泡を立てることで頭皮にシャンプーが残ってしまうことを防ぎます。十分に泡を立てたら頭皮全体に泡を乗せて洗っていきましょう。頭全体に揉み込むようにしてマッサージするような感覚です。爪をたててしまうと頭皮を傷つける原因となるため、指の腹で押さえるようにしましょう。

洗い終わったらすすぎをしっかりとします。その後、タオルドライをして髪の毛と頭皮を濡れた状態にせずにしっかりとドライヤーで乾かすようにしましょう。

若ハゲの予防をするためには正しい方法で日頃からシャンプーをすることが大切です。しっかりとケアして健康的な頭皮を手に入れましょう。

一覧へ戻る

今すぐ買う