薬用育毛剤「蘭夢」公式通販サイト

logo

豆知識

TIPS

女性特有の抜け毛・薄毛に悩んでいる人に知ってもらいたいこと

豆知識

2021.03.11

女性特有の抜け毛・薄毛に悩んでいる人に知ってもらいたいことのイメージ画像

 

薄毛・抜け毛と聞くと、思わず男性の頭を想像してしまいますよね。女性には薄毛・抜け毛なんて関係ないと思っている人も少なくないでしょう。
しかし、実際に薄毛や抜け毛のことで悩んでいる女性は少なくありません。


そこで今回は女性にフォーカスを当て、タイプ別に薄毛と抜け毛の原因をご紹介いたします。原因を紐解いて一緒に解決方法を探しましょう!


女性の薄毛・抜け毛の原因


女性の薄毛・抜け毛には、原因があることをご存知ですか?
もちろん遺伝もありますが、もしも生活環境や食習慣で改善できるのであれば改善していきたいですよね。
下記では主なタイプである、

*ストレスを溜め込んでしまうタイプ
*過度なダイエットによる栄養失調タイプ
*妊娠や産後のホルモンの乱れが起きているタイプ
*昼夜逆転の不規則タイプ

の4つをご紹介します。「もしかしたらこのタイプかも…?」と心当たりがあればチェックしてくださいね。

ストレスを溜め込んでしまうタイプ


女性の薄毛・抜け毛で最も多いのが、このタイプです。
「ストレスは万病のもと」という言葉はその通りだと言っても過言ではありません。
ストレスが過剰にかかってしまうと、体内の臓器を無意識のうちにコントロールしている自律神経の乱れが生じてしまい、体の調子が悪くなると言われています。

体調がひどくなると、円形脱毛症(いわゆる10円ハゲ)などになってしまう可能性もあります。
ストレスの溜まりやすい環境にいる場合は、自分に一番合ったストレス解消方法を見つけると良いでしょう。

過度なダイエットによる栄養失調タイプ


過度なダイエットは頭皮に十分な栄養を行き渡らせなくする恐れがあります。
特に気を付けておきたいのは、「あと1週間で3kg痩せる!」というような過激なダイエット。
無理な食事制限、必要な栄養を摂らずに過度な運動をするなど、何でもストイックにやってしまっては、身体だけでなく頭皮も悲鳴を上げてしまいます。
無理なダイエットは精神的苦痛となり、ストレスの元にもなりますから、自分のペースにあった健康的なダイエットがおすすめです。

1日に必要な栄養素を取らず、また脂肪の摂取を極端に控えると頭皮の油分がなくなり、乾燥状態を引き起こしてしまいます。また、タンパク質の摂取を控えれば毛髪の活動が鈍ります。
過度なダイエットによる劣悪な頭皮環境と鈍った毛髪活動は、健康なヘアスタイルの妨げになります。

妊娠や産後のホルモンの乱れが起きているタイプ


妊娠中や産後の授乳中は、女性ホルモンが乱れやすくなります。特に産後は抜け毛が増えると言われています。

妊娠中、特に妊娠後期になると髪の毛を維持するのに役立つ女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が盛んになっているため、本来抜けるはずの髪の毛が抜けない状態になっています。

そのため、出産を終えて女性本来のホルモン状態に戻ると、妊娠中に抜けるはずだった髪が一気に抜けてしまうのです。

 

個人差はありますが、産後2~5ヵ月頃から始まり、6ヵ月~1年程度で元の状態に戻ることが多いようです。

産後の抜け毛はある程度時間が経てば、自然に治まっていくので過剰に心配しないようにしましょう。

 

昼夜逆転の不規則タイプ


昼夜逆転している不規則な生活も、実は薄毛や抜け毛の原因となりえます。
人間の身体は、ゴールデンタイムという夜の22時~夜中の2時の間に脳内が整理されたり身体がリセットされたり、成長ホルモンが出やすい時間だと言われています。
このゴールデンタイムに良質な睡眠を取ることで、髪の毛に必要な栄養素が分泌されたりダメージが修正されたりするので、夜はしっかりと眠るようにすることが健康で艶やかな髪の毛を育てる秘訣なのです。

昼夜逆転生活でお腹が空いたからという理由で、夜中から高カロリーなスナック菓子を食べるのは肌荒れの原因。頭皮も皮膚なので、顔と同様にケアを行うことが必要です。
それぞれのライフスタイルもあるかと思いますが、薄毛・抜け毛などの悩みを解消したいなら、まずは生活環境を整えることもおすすめします。


髪を丈夫にするには頭皮マッサージなどの日ごろのケアをしっかりと!


いつまでも若々しく美しくありたいと考える女性は多いと思います。髪が健康でつやつやしていると、見た目年齢もグッと若々しく見えるのではないでしょうか。
健やかな髪を目指すには、心や体の状態を健康にすることが第一。薄毛・抜け毛の原因に当てはまるものがあれば、積極的に対策を立てていきましょう。

一覧へ戻る

今すぐ買う