蘭夢ニュース vol.90 2017年 9月号

今年は格別に残暑が厳しいですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
朝夕は過ごしやすくなりましたが、気温差による体調の変化にも気をつけてお過ごしください。
さて、夏から秋に移るこの季節、頭皮の状態はいかがですか?
頭皮は夏の間に浴びた紫外線や過剰に分泌された皮脂により、皮脂バランスが崩れていることがあります。また、冷房などの空調による頭皮の乾燥、冷たいものの摂りすぎによる血行不良、暑さによる睡眠不足などが原因で、秋に入ると次第に抜け毛が増えてきます。
洗髪時やブラッシング時にいつもより抜け毛が多いと感じたり、髪のパサつきや切れ毛が気になってくると、秋の抜け毛シーズンに入ったということです。
夏に受けたダメージを早く回復させるために、睡眠をしっかり取って、バランスの良い食事や、適度な運動を心がけるなど生活習慣を見直してみましょう。そして、清潔な頭皮に蘭夢をたっぷりとつけてマッサージをしてくださいね。シンビジウム全草エキスを始めとする数々の植物エキスが健康な頭皮へ整えていきます。夏に受けたダメージをこの時期にケアしておくことで秋から冬にかけての頭皮や髪が違ってきます。しっかりケアして抜け毛のシーズンを乗り切りましょう。

 

 

知ってますか?髪のこと。

睡眠不足は薄毛になりやすい?

みなさんは睡眠を十分とっていますか。睡眠不足は髪の毛の成長を妨げ、抜け毛や薄毛の原因になることがあります。特に午後10時~午前2時の時間帯は髪を作る毛母細胞に多くの栄養が運ばれ、成長ホルモンが分泌されますので、髪の成長も促されます。
 睡眠不足が続くと頭皮の血流が悪くなり細胞分裂能力が低下しやすくなります。元気な髪の毛のために理想とされている6時間以上の睡眠と熟睡感を得ることも重要です。夜更かしや寝る前のカフェインは控え、適度な運動をするのが大切です。

 

Q&Aのコーナー

蘭夢シリーズに使われている洋蘭『マリーローランサン』命名の由来は?

近代フランスが生んだ女流画家マリー・ローランサンは、芸術家の仲間たちにとっても華のような存在でした。彼女の美意識は、独自の透明な世界を作り、20世紀における最も著名な女流画家としての地位を確立しました。彼女の魅力は何といってもその優雅さに尽きます。もしもマリー・ローランサンが花に生まれ変わったらならば…。彼女の芸術に惹かれ何十年にもわたり、そんな思いを抱き続けてきた当社社長。マリー・ローランサンの生誕から100年後の春、えも言われぬ気品に満ちた夢のように美しいシンビジウムが奇跡的に現れ、迷わず『マリーローランサン』と命名しました。