コンディショナーは必要なの? <vol.92>  2017年 11月号

秋も深まり、朝夕冷え込む季節になりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
11月になると山々は鮮やかに色づきます。桜前線とは逆に北から除々に南下して私達の目を楽しませてくれる紅葉は、まさに日本の四季ならではです。気候が良いこの季節に、ご家族やお友達と紅葉狩りを楽しむのもいいですね。
寒さが増すにつれ空気も乾燥するこれからの時期、知らず知らずのうちにお肌や髪も乾燥します。乾燥を防ぐには室内の湿度を60~65%にするのが良いと言われています。加湿器を使ったり、濡らして絞ったタオルを室内に置くだけでも十分湿度を上げることができますよ。
また、お肌の乾燥にはボディソープも重要です。当社の「らんとすだちのボディソープ」は保湿効果に優れたシンビジウム全草エキスがたっぷり入っていて、低刺激なのでご家族皆さまで使っていただけます。秋の夜長にはすだちの爽やかな香りを楽しみながらのお風呂タイムは癒されますよ。「蘭夢シリーズ」で髪や頭皮のお手入れも忘れないようにして下さいね。

 

 

知ってますか?髪のこと。

コンディショナーは必要なの?

コンディショナーの役割は、髪の毛の表面を保護し、キューティクルを整えることです。濡れた髪はキューティクルが剥がれやすく、そのままドライヤーを使用したりブラッシングをすると、髪の毛が傷んだり切れ毛の原因になります。髪の毛の表面を保護するためにもコンディショナーの使用はおススメです。しかし、髪質に合わない時は逆にごわついてしまうこともあります。そのような方は美容オイルやヘアクリームを使ってみるのも一つの方法です。その際は、育毛剤蘭夢黄金率をつけたあとにお使い下さい。

 

Q&Aのコーナー

冬でも毎日髪を洗ったほうがいいの?

冬は夏と違って汗をかきにくく、夏より少なめですが皮脂は分泌されています。冬でも毎日シャンプーをしないと髪や頭皮がべとつくと感じる方は、皮脂の分泌量が多めなので、毎日のシャンプーをおすすめします。しかし、頭皮が乾燥しやすい方はシャンプーの回数を減らしたり、シャンプー剤を使用しないで洗うと皮脂の取りすぎを防ぐことができます。頭皮の状態や体質に合わせてシャンプーをしましょう。