<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=1831753390397855&ev=PageView&noscript=1" />

質の良い睡眠で育毛効果を高め、育毛剤で栄養を与え頭皮環境を整える

「蘭夢」公式通販サイト > コラム > 質の良い睡眠で育毛効果を高め、育毛剤で栄養を与え頭皮環境を整える

質の良い睡眠で育毛効果を高め、育毛剤で栄養を与え頭皮環境を整える

質の良い睡眠が髪を育てる


年齢を重ねてくると気になるのが髪の毛が抜けて薄くなり、ハリやコシがなくなっていくことです。特に女性は、30歳代後半から髪全体のボリュームがなくなり地肌が目立ってくることもあります。原因としては、老化や女性ホルモンの影響、生活習慣、食事、ストレスなどが考えられます。ここでは、質の良い睡眠が育毛効果を高めること、質の良い睡眠の取り方、頭皮環境を整えるには育毛剤が有効であることについて紹介します。
まず、質の良い睡眠についてです。現代はストレス社会といわれ、3人1人が不眠の症状があると言われています。ストレスがあると体が緊張状態になり血管が収縮するため、頭皮への血流が悪くなり、血液の巡りが悪くなると頭皮の栄養不足を引き起こし、髪が細く弱く抜けやすくなってしまいます。ストレスから不眠になると成長ホルモンの分泌が悪くなります。この成長ホルモンは育毛と大きな関係があります。
正常な眠りは、深い眠りのノンレム睡眠と浅い眠りのレム睡眠が交互に繰り返されます。眠りについてすぐノンレム睡眠に入り、その後レム睡眠が訪れてきます。成長ホルモンは深い眠りのときに分泌されるホルモンで、寝入ってから3時間くらいの間に熟睡することが大切です。熟睡することで成長ホルモンの分泌が促進されていきます。このように、熟睡できることが質の良い睡眠です。夜、なかなか寝付けない不眠の状態になると成長ホルモンの分泌が悪くなります。
成長ホルモンには、筋肉の強化や骨の成長など、体の組織の成長を促す働きがあります。昔から、よく寝る子は育つと言われますが、これは質の良い睡眠をとると成長ホルモンが盛んに分泌されることを暗示している言葉です。夜は11時までにベッドに入り、熟睡することでストレスを軽減して疲労も回復し、育毛効果も高まることになります。

自律神経の安定が質の良い睡眠につながる

 
私たちの体温を調整したり、心臓を動かしたりなど人が意識しなくても体が自然に動いているのは自律神経の働きによります。この自律神経は活動モードの交感神経と休息モードの副交感神経の相反する2つから成っています。質の良い眠りにするには、夜になって休息モードの副交感神経が優位になることで自然に眠くなり、ぐっすり眠ることができます。しかし、逆に夜になっても交感神経が興奮している状態にあるとなかなか眠りに入ることができなくなります。このように、交感神経と副交感神経のバランスが崩れてくると質のよい眠りにならず、髪の成長にも影響を及ぼしてしまいます。
そこで、自律神経を安定させて、質の良い睡眠をとるには、普段の生活習慣を見直す必要があります。そのために、まずは規則正しい生活リズムで生活することです。夜は早めに就寝し、朝起きてしっかり朝食を食べるというように、規則正しい生活リズムで体内時計を正常にしておくことです。夜に明るすぎる照明で生活する、長時間スマホをいじる、夜遅い時間に飲食をするなどは、いつまでも交感神経が興奮している状態になり体内時計が狂ってしまいます。夜は、半身浴や軽いストレッチなどを行うと体がリラックスして副交感神経が優位になってきます。
また、座りっぱなしの仕事ではどうしても運動不足になってしまいます。週末も疲れて家でダラダラ過ごしていると、夜になっても休息モードの副交感神経の働きが鈍くなってしまいます。そこで、おすすめなのはウォーキングやジョギングなどの有酸素運動です。有酸素運動は、酸素を使って体内の脂肪を燃焼させてエネルギーにしています。体の隅々に酸素を取り入れるために血液の巡りが良くなります。体内の血行が良くなると、頭皮へも栄養が行き渡り髪の成長に良い影響を与えます。さらに、適度な運動は心地よい疲労となってストレスを解消し自律神経の安定につながっていきます。
さらに、食事を工夫することが質の良い眠りにつながります。牛肉や豚肉、カツオ、マグロに含まれているセロトニンというホルモンは幸せホルモンと呼ばれています。このホルモンは気分や感情を安定させて幸せな気分にしてくれます。このホルモンが分泌されると、脳がリラックスし自律神経が安定します。このように、毎日の生活習慣を見直すことで質の良い眠りにつながっていきます。

育毛剤を使って頭皮環境を整える


質の良い睡眠が育毛効果を高めていくことが理解できれば、さらに頭皮に栄養を与えて頭皮環境を整えていくために育毛剤を活用するのも一つの方法です。これはすでにある毛の成長を促進することを目的とする製品です。育毛剤の多くは、厚生労働省で認可した効用のある成分が配合されていますが、予防のみを目的としているので医薬部外品として扱われ薬用育毛剤とも呼ばれています。
一方、養毛剤といわれるものは効果が弱いので化粧品に分類されます。また、発毛剤は毛のないところに毛を生やすもので、強い効果のある医薬品に分類されます。そのため、発毛剤は副作用が心配されることもあり、体質的に合う合わないがあるので注意が必要です。このように、いろいろな方法がある中で一番手軽に始められるのが育毛剤です。これには、女性ホルモンを含むもの、毛細血管を拡張させるもの、毛根に栄養を与えるものといったタイプがあります。
また、育毛剤にはさまざまな有効成分が含まれており、頭皮環境の改善や毛根の活力強化、保湿力向上など、各メーカーともいろいろと研究を重ねています。最近の主流はアロエや洋ランなどの植物エキスの成分を生かしたものが人気を集めています。古来、草花は漢方薬にも使われていますが、薬草には細胞を活性化させ血行を促進させる成分が含まれているものがあります。植物エキスを使った育毛剤は、エキスが効果的に働くような配合を行い、植物の持つ自然のパワーや生命力が頭皮環境を整え細胞を活性化させてくれます。
一般的に育毛剤は薬局やドラッグストアで購入できますが、植物エキスの育毛剤の中には通販と直営店販売のみの製品もあります。また、毛髪診断士を多数揃え、髪の悩みを持つ人たちの相談を行っているメーカーもあります。通販ではいろいろな製品を比較しながら手軽に購入することができるでしょう。

次の記事へ