<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=1831753390397855&ev=PageView&noscript=1" />

若年性薄毛とは?始まる時期や年齢について

「蘭夢」公式通販サイト > コラム > 若年性薄毛とは?始まる時期や年齢について

若年性薄毛とは?始まる時期や年齢について

若年性薄毛とは?


髪の毛の悩みは、ある程度年齢を重ねてからというイメージがあります。もちろん個人差もありますが、大半は中高年に差し掛かってからの悩みとなります。しかし今、髪の悩みとは無縁に思える、若い人の間でも脱毛症という悩みを抱える人が増えているのを知っているでしょうか。まだ若いのに、髪が抜けていく状態を、若年性薄毛や若年性脱毛症と呼んでいます。
一般的には、早い人でも30代後半、40代~50代で徐々に抜け毛が進行していきます。しかし若年性薄毛の場合は、20代~30代というまだ老化とは無縁に思われる年齢で発症します。人によっては10代で脱毛症になる人もいます。本来であれば、10代~20代は、身体も若く老化を意識することはほとんどありません。髪の悩みは老化も関係していますが、髪が抜けて薄くなっているのに、身体には老化が現れていないという矛盾が生じます。
10代~30代というまだ若い世代は、本来ならまだ新陳代謝も活発ですし、髪もフサフサです。それが突然、髪が抜け薄くなり地肌が透けて見えるようになれば、ショックも大きくなります。原因については、はっきりと解明されていない部分はありますが、老化に伴い増えていく髪の悩みやトラブルとは少し仕組みが違っていることはわかっています。
本来ならまだ成長期でもある時期になぜ、毛が抜けるという症状がでるのか?その仕組みや原因、対処法を紹介します。若くして髪のトラブルに悩む多くの人には、いくつか共通点があります。原因はその中にあると考えられます。老化現象ではないため、適切な対処法で改善出来る可能性が高いのは事実です。多くの若者が悩んでいる脱毛症でも、原因を知り対処すれば、十分回復する可能性はあります。

若年性薄毛の原因


早い人では10代から、それ以外でも20代~30代という若い年齢で毛が抜け始めるのを、若年性薄毛としています。髪の悩みは遺伝も関係していますが、それが出るのはもっと先のはずです。例外もありますが、なぜ本来ならまだ老化が始まらない、若い年齢で髪の悩みを抱えなければいけないのでしょうか?
若くして髪のトラブルを抱え脱毛症に悩む人の多くは、不規則な生活を送っている、ストレスが大きいという共通点があります。不規則な生活習慣を送っていると、体のリズムが崩れてしまいます。本来人は規則正しく生活することで、体内のリズムが整います。
体にとって快適なリズムが保たれていれば、バランスも整いますが、これが崩れると自律神経に影響を与えるので、体全体のバランスが崩れてしまいます。これにより食事の栄養が上手く吸収されない、血行不良やリンパの流れが滞り体が冷える、脳に十分な栄養が届かないので日常生活にも支障が出始めます。これにより眠れなくなり睡眠不足になれば、さらにダメージは大きくなります。
ストレスも自律神経のバランスに影響を与えるので、体全体のバランスが崩れます。食事から摂る栄養は、体全体に必要とされます。体調を崩している時は内臓も正常に働かなくなるので、栄養を吸収できません。さらにダイエットなどで食事制限をすると、栄養不足に拍車がかかります。不規則な生活や偏食、ストレスなどで体のバランスが崩れると、体は自分を守ろうとして、命を守ることを優先します。重要な臓器に栄養を送ろうとするため、髪に行くはずの栄養が不足し、脱毛症になってしまうのです。

女性にもある!若年性薄毛


脱毛症は、男性が抱える悩みというイメージがありますが、女性も抜け毛になりますし、若年性薄毛になることはあります。女性の場合も原因は、男性とほぼ同じです。年齢的な老化というよりも、生活習慣に多くの原因が潜んでいることが多いです。
さらに女性の場合は、ヘアカラーやパーマなど、ヘアスタイルやカラーもファッションの一部として考える傾向があるため、男性よりも髪や頭皮へのダメージは大きくなりがちです。またダイエットで、栄養不足になっている人が多いのも、若年性薄毛の原因です。ヘアスタイルにもいろいろありますが、理想のヘアスタイルをキープするために、毎日のように整髪料を使います。整髪料も成分によっては、毛穴詰まりを引き起こします。その日のうちにしっかりと汚れを落としておけばいいのですが、落とせていないことが多いので、整髪料が原因で脱毛症を起こすケースは少なくありません。頭皮は体の中でも一番汗をかきやすいので、毎日シャンプーをしましょう。しかしシャンプー剤の成分によっては、頭皮を乾燥させたり、毛穴詰まりの原因になったりということは意外と多いです。
ダイエットなどで栄養が不足すると、ホルモンバランスにも影響を与えるので、知らず知らずのうちに、抜け毛の原因を作ってしまうことがあります。しかし原因が分かっていれば、それを一つずつ解消することで、抜け毛を予防することができます。男性と女性では多少原因の違いはあるものの、ほとんどはホルモンバランスが関係しています。生活習慣を見直し規則正しく生活することは大切です。

次の記事へ