<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=1831753390397855&ev=PageView&noscript=1" />

育毛剤の効果を正しく知ろう

「蘭夢」公式通販サイト > コラム > 育毛剤の効果を正しく知ろう

育毛剤の効果を正しく知ろう

育毛剤と発毛剤の違い


頭髪をいたわる製品を考えたとき、主に2つの選択肢が思い浮かぶことでしょう。それは、育毛剤と発毛剤です。どちらも、髪が生えることを連想させる存在かと思われます。ですが、これらにどのような違いがあるかを知る人は、そう多くないでしょう。それぞれの特徴を理解した上で、より自分の状況に適したものを選択できると、満足度の高い頭髪ケアに繋げられるでしょう。
育毛剤と発毛剤のおおまかな違いは、医薬品かどうかといえます。前者については、医薬品に該当しない、いわゆる医薬部外品であることがほとんどとなっています。一方後者については、逆にほとんど医薬品に分類される存在となっています。この違いによる大きな影響としては、入手方法が挙げられます。医薬部外品であることがほとんどの育毛剤は、医師の処方を必要としない市販できる存在となるため、身近な薬局やドラッグストア、その他スーパーやコンビニなどで手軽に手に入れられます。ですが医薬品である発毛剤は、病院やクリニックで適切な処方のもと手に入れる、もしくは薬剤師のいる薬局やドラッグストアで説明や注意をしっかり聞いた上で購入しなくてはなりません。
続いて、期待できる効果の違いです。上記の通り、入手しやすいのは医師や薬剤師を介する必要のない育毛剤でしょう。ですが、手に入れやすいとはいえ目的である作用に繋がらないともなれば、購入する意味がありません。アプローチの違いも、押さえておきましょう。育毛剤には、髪が育つ土壌である頭皮の状態を整えて、今ある髪を成長させたり抜け落ちることを予防させたりするといった作用が期待できます。一方発毛剤は、すでに抜け落ちた毛根から髪を生やすことが目的で作られています。抜け毛を予防したり今の髪をより健康にしたりしたいのなら育毛剤、そしてすでに抜け落ちた場所から新たに生やしたいのなた、発毛剤を頼るといった形が理想的です。

育毛剤の効果が出やすい人と出にくい人の違い


専門的な成分を組み合わせて、日常のケアではカバーできないような作用も期待できる育毛剤ですが、だからといって、使ったらかならずしも頭髪の悩みが解決するわけでもありません。効果が出やすい人と出にくい人がいるため、同じような頭髪の人が同じ薬剤を同期間使ったとしても、同様の結果になるとは限らないのです。ではいったい、効果が出やすい人とそうでない人には、どのような違いがあるのでしょうか。
まず、育毛で効果が出やすいのは、いわゆる一般的な薄毛タイプです。逆に出にくいタイプには、AGAこと男性型脱毛症が原因であるケースとなります。つまり効果が期待できるのは、AGAの伴っていないタイプの薄毛といえるでしょう。そうした理由から相性を考えるなら、まずAGAという症状について知ることが大事です。
AGAとは、男性ホルモンの分泌過多が原因となって起こる症状です。体内で生成される酵素の5aリアクターゼが善玉男性ホルモンテストステロンと結びつくことにより、悪玉男性ホルモンであるジヒドロテストステロンに変化します。そしてこのジヒドロテストステロンが毛根にある男性ホルモン受容体に結びつくことで、髪の成長サイクルを阻害します。これこそが、AGAで薄毛が起こるメカニズムです。
AGAによる薄毛の場合、前頭部と頭頂部が集中的に薄くなるという現象が起きるので、それを判断基準にしておくと良いでしょう。こちらの場合は、薬剤で発毛を促すことが難しいです。そういった製品に頼らず、早めに専門医を受診する、もしくはAGA向きに作られたケア製品を選択して解決を目指すべきです。

育毛剤の効果的な使い方


専門的な製品を使うのであれば、やはりできる限り有効に使用して理想の頭髪に繋げたいといったところでしょう。そのため、理想的な使い方というものも知っておくべきです。
重視する点としては、まずひとつにタイミングが挙げられます。朝より夜の就寝前に使用するのがおすすめです。なぜなら、朝に塗布すると日中毛穴が汚れやすくなり、毛根の状態を悪化させる要因ともなってしまうためです。また、汗で薬剤が流れ落ちることも懸念されます。夜の就寝前であれば、塗布後は寝るだけなので、効果的に薬剤を浸透させながらも汚れがつく心配も軽減できます。加えて、入浴後の塗布なら毛穴が開いた状態で使用できるため、より浸透させやすくなります。タイミングとしては夜の就寝前、特に入浴後を意識して使用するのがおすすめです。
次に、使い方です。まず、入浴時にはしっかりシャンプーをしておきましょう。これにより頭皮や毛穴にたまった汚れをしっかり落とし、薬剤が浸透しやすい環境が作れます。次に、タオルドライ後のドライヤー乾燥も重要です。水気が多く残っていると、それにより薬剤が流れて浸透しにくくなる可能性があるためです。そして、薬剤を十分量塗布したあとは、マッサージで揉み込むことも忘れてはなりません。毛穴は髪の毛が生えている小さな穴なので、表層になじませるだけではしっかり浸透させきれないことも考えられるためです。また揉み込むことで血行が促進でき、より一層の効果も促せます。正しいタイミング、理想的な使い方で、効果的な頭髪改善を実現してみてください。"

次の記事へ