<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=1831753390397855&ev=PageView&noscript=1" />

育毛剤と発毛剤の違いはココ!それぞれの効果やどちらを使うべきか解説

「蘭夢」公式通販サイト > 豆知識 > 育毛剤と発毛剤の違いはココ!それぞれの効果やどちらを使うべきか解説

育毛剤と発毛剤の違いはココ!それぞれの効果やどちらを使うべきか解説


薄毛や抜け毛に悩む方は一度は検討するであろう、育毛剤と発毛剤の使用。どちらも似たような言葉ではありますが、両者には効果や配合成分に大きな違いがあります。ここでは、育毛剤と発毛剤の違いを詳しく解説していきます。

育毛剤と発毛剤の違いは「今ある髪を育毛するか・新たな髪を育毛するか」


育毛剤と発毛剤の決定的な違いは、育毛剤が今生えている髪の毛の育毛をサポートする商品であるのに対し、発毛剤は新たな髪の毛の育毛をサポートする商品である、という点です。以下で詳しく解説します。

育毛剤は今ある毛髪の成長を促し丈夫に育てるために使用する


育毛剤は、現在生えている髪の毛を太く丈夫にしたり、成長途中の毛髪に栄養を与えてさらなる育毛促進をするために使用します。また、抜け毛の原因となるフケやかゆみ、炎症などの頭皮トラブルを抑えて頭皮の状態を改善し、抜け毛を予防する目的にも使用されています。

以下が、育毛剤の効果のまとめです。


血行を促進し、頭皮に栄養を届けて毛髪の成長をうながす
抗菌・抗炎症作用によって抜け毛を予防する
保湿成分で頭皮の乾燥をふせいで、頭皮の環境を整える



また、育毛剤は「医薬部外品」に分類されており、ドラッグストアや通販などで気軽に手に入れやすいという特徴もあります。

発毛剤は新たな髪の毛の育毛促進をするために使用する


発毛剤は、髪の毛が抜け落ちて生えていない毛穴から、新たな髪の毛を育成促進するために使用します。
発毛剤には、日本で発毛効果があると医学的に認定を受けている成分「ミノキシジル」や「フィナステリド」などが配合されています。これらの成分が毛髪を作る役割を担う「毛母細胞」に直接働きかけることで、新たな髪の毛の育毛が期待できるのです。

つまり、すでに生えている毛髪の状態を維持・改善する育毛剤に対し、新しい髪の毛の発毛を促進するのが発毛剤ということ。発毛剤は、AGA治療専門クリニックなどでも使用されています。

また、「医薬品」に分類されているため、医師の許可のもとで処方してもらうか、薬剤師がいる薬局で手に入れる必要があります。医薬部外品である育毛剤のように、ドラッグストアや通販で気軽に購入できるわけではありません。

以下が、発毛剤の効果のまとめです。

毛母細胞に直接働きかけ、新たな髪の毛を育成する
男性型脱毛症(AGA)の原因となる男性ホルモンの増加を抑える
*血行促進し、抜け毛を予防する

ただし、注意点がひとつあります。発毛剤は、育毛剤と比較して効果が高いぶん、発疹、発赤、めまい、むくみ、かぶれなどの副作用を引き起こす可能性が高いと指摘されている点です。
使用してみて少しでも異変を感じたら、医師や薬剤師に相談をして使用の中止を検討してください。

薄毛の進行具合にあわせてどちらを使用するかを選ぶ!



育毛剤と発毛剤の違いがわかったところで、実際にどちらを使うべき?と悩む方もいらっしゃるでしょう。以下を参考に、ご自身の頭皮の状態に合わせてどちらを使用するかを検討してみてください。

それほど薄毛が進行していない・抜け毛予防がしたい方は育毛剤を!


頭頂部や生え際が薄い・後退してきている、抜け毛が多くなってきた…そんな方には育毛剤の使用がおすすめです。

薄毛や抜け毛の進行が気になり初めた
将来に向けて薄毛予防がしたい
初めて薄毛対策の薬剤を使用する

このような場合は、育毛剤で今ある毛髪の育成や頭皮状態の改善を目指しましょう。

薄毛が進行している・新たな髪の発毛促進をしたいなら発毛剤を!


毛穴から髪の毛が生えていないなど、すでに薄毛が進行している方は、発毛剤で新たな毛髪の発毛を促進するのがいいでしょう。その際は、医師や薬剤師の指示をきちんと聞きながら、正しい方法で使用するようにしてくださいね。

薄毛の予防・改善は諦めないことが大切!


以上、育毛剤と発毛剤の違いを解説しました。薄毛対策はすぐに効果が見られるものではないため、じれったく感じることもあるでしょう。しかし、大切なのは諦めずに継続して薄毛の改善に取り組むことです。
今できることから一つずつ実行し、薄毛の改善や予防に役立てていきましょう。

次の記事へ