<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=1831753390397855&ev=PageView&noscript=1" />

育毛剤と発毛剤の決定的な違いはココ

「蘭夢」公式通販サイト > 豆知識 > 育毛剤と発毛剤の決定的な違いはココ

育毛剤と発毛剤の決定的な違いはココ

育毛剤と発毛剤の決定的な違いはココ


育毛剤は、頭皮や今生えている髪を健やかにして、新しく生えてくる髪のための土台をつくるものです。医薬部外品ならば、ミノキシジルなどの成分による副作用を避けられるとされています。また、育毛剤は薬局などで調達することができます。発毛剤は、今すぐに毛を生やすためのものです。薬剤師や専門家の指示の下、発毛剤の成分による副作用に注意しながら使うことが必要となります。育毛剤によるケアとは異なり、発毛を専門的にアプローチします。



薄毛に対処するときに、育毛剤と発毛剤のどちらを使ったらいいのだろう、と考えたことのある方は少なくないかもしれません。両者の用途は似たように思えますが、機能性にちゃんと違いがあります。
誤って利用しては、薄毛を改善できなかったり、使用による副作用の影響で体調を崩したりすることもあるのです。
ここでは、育毛剤と発毛剤の違いについてご紹介していきます。

育毛剤は今生えている毛の健康に寄与し、新しく毛が生えるための環境を整える



育毛剤には、今生えている毛に栄養を与えて健やかにし、抜け毛を防ぐという用途があります。そのため、将来の薄毛を予防することが可能とされています。

育毛剤は発毛促進効果があるので、毛が新しく生えてくる「環境」を整える効果が期待できます。ですが、あくまで髪が生えるような良質な土台をつくるのが目的なので、「髪が生えてくる」ということに強くは結びついていません。
将来の薄毛予防には貢献するかもしれませんが、薄毛がかなり進んでいて、すぐにでも髪が生えてくることを望む方にとって、育毛剤はあまりふさわしくありません。

育毛剤は医薬部外品のものを選べば副作用の心配が少ない



医薬品の育毛剤の使用は副作用のリスクが高くなるのに対し、医薬部外品の育毛剤はリスクが低くなるとされています。
医薬品の育毛剤の使用によって起こるとされる副作用には、めまいや手足のむくみ、かゆみなどがあります。薄毛改善の成分として医薬品の育毛剤に含まれているミノキシジルが、これらの副作用の主な原因となっているようです。
医薬品の育毛剤はフィナステリドを含有しています。この成分には、男性器が痛くなったり性欲が減退したりするなどの副作用が引き起こされる可能性があるようです。
医薬部外品には副作用がほとんどなく、体に影響を及ぼさないとされています。ですので、医薬部外品の育毛剤は副作用をできる限り避けたい方に向いています。

発毛剤は新しく毛を増やす発毛効果がある


育毛剤と比べて、発毛剤は新しく髪の毛を増やし、発毛効果がみられるとされています。育毛剤は「頭皮を健康にしたい人」や「将来的に薄毛を予防したい人」に向いているのに対し、発毛剤は、ある程度薄毛が進行していて、新しく髪が生えてくることを希望する人に向けたものです。


発毛剤は、国が治験を行ない、効果や安全性が認められる医薬品であるので、効き目が保証されています。しかし、育毛剤と同様にミノキシジルやフィナステリドによるめまいなどの副作用を伴うことがあることを考慮する必要があります。そのため「発毛剤をたくさん使えばすぐに効果が出てくる」「たくさん毛が生えてくる」と思い込んで多量に使うと、きつい刺激を感じることがあります。
副作用を避けるためにも、定められた用法や用量をしっかりと守ることが大前提です。

発毛剤は、薬剤師に直接の説明を受けてからの購入になるのと、薄毛の専門医のカウンセリングを受けた場合に処方されて手にする方法があります。どちらにせよ、市販の育毛剤を購入するケースよりも手間はかかります。

育毛剤は将来への布石、発毛剤は薄毛をすぐにケアする


育毛剤は将来的な薄毛予防となり、発毛剤は新しい髪が生えてくるようにケアするという点で、決定的に違います。
育毛剤は副作用などの弊害を抑えるように設計されています。また、頭皮を健康にする「育毛」の用途以外にも、副次的にふけやかゆみを予防する育毛剤もあります。

発毛剤は、科学的にアプローチして治療するためのものです。副作用を避けるために、薬剤師や専門医などの第三者の力を借りながら薄毛を対処していくことが必要になります。

次の記事へ