<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=1831753390397855&ev=PageView&noscript=1" />

統計データから読み解く育毛剤の気になる効果と男女比は?

「蘭夢」公式通販サイト > コラム > 統計データから読み解く育毛剤の気になる効果と男女比は?

統計データから読み解く育毛剤の気になる効果と男女比は?

女性も薄毛に悩む?変化する育毛剤の男女比


薄毛は男性だけの悩み事という考えは捨てなくてはなりません。今の時代、薄毛に悩む女性も年々増えつつあり、そのニーズを察知するかのように各メーカーも効果的な女性用の育毛の薬をコンスタントに開発しています。髪の毛の健康を何よりも大切に考える女性にとって、女性の育毛の悩みはプライドを傷つけかねない症状であり、即効性のある育毛の薬があれば、購入してその効果を実感したいところでしょう。育毛の薬選びで損しないためにも、そして毛の悩みを改善するためにも、まずは髪の毛が抜けやすくなるメカニズムについてきちんと理解しておきましょう。
ある時期を境に、原因不明の脱毛が急激に目立つようになった場合は、ホルモン異常の可能性があります。女性らしい髪質は女性ホルモンによって保たれるため、男性ホルモンが過剰に分泌されると本来の発毛サイクルが阻害されることが想定され、少しの刺激で抜けやすくなる髪質に変化してしまいます。ホルモン異常によって引き起こされる抜け毛は、女性ホルモンと男性ホルモンのバランスをコントロールし、健全な発毛サイクルに戻してくれる育毛の薬で治すことがおすすめとされています。
また、頭皮の乾燥も薄毛の大敵です。乾燥した頭皮を放置するとさまざまな炎症を起こしやすくなり、脱毛の症状にとどまらずフケの出やすい体質になりかねません。このケースの脱毛は、保湿に適した育毛の薬を選ぶことで適切に対処することができます。フケは、頭皮の健康状態をチェックする上で非常に役立ちます。遠目からでも目立つかたまりのようなフケは過剰に分泌された皮脂が原因となっている場合が多く、放置すると毛根の目詰まりにつながり、必要な栄養素が頭皮に供給されなくなった結果、深刻な脱毛症を起こしてしまいます。

男性用育毛剤を女性におすすめできない理由


単純に男女比で比べた場合、女性よりも男性のほうが育毛の薬のメインユーザーであると言えます。したがって、開発するメーカーとしてもより確実なシェアを見込める男性をターゲットにした育毛の薬のリリースに力を注ぐ傾向があります。特に日本では育毛の薬は男性用であるというイメージが強く、パッケージのデザインも女性から見れば手に取りにくいものが中心でした。しかし、最近ではより多様なニーズを反映させるかたちで、女性も使える育毛の薬も発売されるようになってきました。
はたして、男性用と女性用では育毛の薬としての効果に違いがあるのでしょうか。育毛の薬の成分については、個々の商品によってバラつきがあるというのが実際のところです。女性特有の薄毛についてそのメカニズムを徹底的に研究し、男性用とは異なる有効成分を配合されているブランドもあれば、安易な外部発注によって大量生産された商品も少なからず存在します。具体例を挙げると、有名な男性用とまったく同じ成分を使った女性用の育毛の薬を自社ブランドとして売り出すことであり、ネーミングとパッケージを変えただけなので作用機序はほとんど変わりません。
本来、男性と女性では薄毛にいたるまでのメカニズムに違いがあり、それぞれに適した成分の治療薬を使用することが勧められています。男性用の育毛の薬のなかでも特に作用の強いものは皮膚に過剰な刺激を与える恐れがあり、抵抗力の弱い女性が使うには好ましくありません。そのため、育毛の薬は使用する本人が厳重に管理するようにしましょう。

FAGAを考慮した効果的な女性用育毛剤を


AGAは男性型脱毛症の略称ですが、近年では女性の悩みとしてFAGAも広く認知され、育毛剤シェアの男女比も変わりつつあります。頭皮に分泌されるホルモンバランスにも男女差があり、一見同じように見える薄毛症状でも女性と男性では進行の具合に違いが表れます。男性の場合、女性ホルモンの影響が色濃く出やすい頭頂部や生え際で薄毛が進行しやすく、反対に女性の場合は男性ホルモンが優勢な後頭部や側頭部で薄毛が顕著になりやすい傾向があります。
女性の毛髪はホルモンに守られているため、AGAに見られるような分かりやすい脱毛などはほぼ見られません。そのため、FAGAのほうがゆっくりと段階的に症状が進んでいくのが特徴であり、ブラッシングの時に毎回目立つ量の毛髪がくしにつくようになった、実年齢よりも心なしか毛髪のボリュームがとぼしくなったなどの、わずかな変化から異常を感じ取ることが多いです。年齢層で見ると中高年で悩む人がやや多く、加齢による現象だと錯覚して適切な対処が遅れることも多いです。また、ストレスによる影響もあり、発症する年齢は定かではありません。
FAGAに限らず、ほとんどの薄毛は慢性的な血行不良によって発症し、そのまま気づかずに放置していると悪化することもあります。髪型も大きく関係し、女性ならポニーテール、男性ならばリーゼントという風に毛根を傷めつけるようなヘアスタイルを長期間続けていたこともヘアサイクルが悪くなるきっかけにもなります。そういった症状が見られないときの状況により、発症のリスクが高まることがあります。毛髪そのものへのダメージが最大のリスクですから、頻繁な髪染めやパーマによって髪の毛に過剰な負担をかけることは避けたほうが良いでしょう。心あたりがある段階で、シャンプーなどから改善していくと人目につかない段階で対処できるかもしれません。髪に優しい頭皮環境をつくることから始めましょう。

次の記事へ