<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=1831753390397855&ev=PageView&noscript=1" />

必見!乾燥による頭皮のトラブル対策

「蘭夢」公式通販サイト > コラム > 必見!乾燥による頭皮のトラブル対策

必見!乾燥による頭皮のトラブル対策

乾燥が引き起こすトラブルとは


乾燥によるトラブルは、女性にとって大きな悩みのひとつです。乾燥は身体のいたるところにトラブルを引き起こします。トラブルは人によって症状が違いますが、その症状によって適切な予防をすれば回避できるものも多くあります。
まず乾燥している皮膚にはどのようなことが起こるのでしょうか。それは皮膚の老化です。皮膚を布に例えてみます。水分がたっぷり含まれた布はシワが付きにくいのに対して、パリパリに乾燥した布はシワが付きやすいです。これは皮膚にも同じことが言えるのです。また皮膚に水分がないと細胞が本来の働きをしなくなってしまい皮膚全体のハリがなくなってしまいます。それと同時に毛穴が目立つようになり、透明感のないくすんだ皮膚になってしまいます。また、水分不足の弾力のない皮膚の表面はドライフラワーのようにボロボロと崩れやすい状態です。皮膚のドライ化は進めば進むほど回復しにくくなっていきます。乾燥するだけで皮膚にはこれほどのダメージをあたえているのです。
ではこういったトラブルはなぜ起こるのでしょうか。その大きな原因は皮膚の保湿力が低いことです。たっぷりの化粧水をつけてケアしているのに、どうしても皮膚が乾燥してしまうと悩んでる方も少なくありません。それは皮膚の保湿力が低くなっているということです。化粧水の後は水分が飛ばないようにフタの役割をしてくれる乳液などをつけ、しっかりと保湿をすることよって防ぐことができます。また、洗顔の仕方にも皮膚の乾燥トラブルの原因が隠れています。メイク落としの際に多く使用されているシートタイプのものやオイルタイプのクレンジング料は刺激が強く、皮膚の水分を奪ってしまいます。洗顔料も皮膚の汚れと一緒に皮脂も落としてしまうので、それが乾燥につながります。また、洗顔する際に熱いお湯を使用するのも、皮膚の水分が蒸発しやすくなる原因です。メイク落としや洗顔料は低刺激のものを選び、ぬるま湯程度の水で洗うようにしましょう。
乾燥によってトラブルが起こるのは肌だけではありません。実は頭皮にも深刻な被害を引き起こしています。そこで次は頭皮のトラブルについてご紹介します。

あなどってはいけない!頭皮の乾燥トラブル


肌と同様に頭皮も乾燥します。頭皮の乾燥はかゆみやフケを引き起こす原因になります。また頭皮は顔や体の皮膚よりも皮脂が多くデリケートなため、様々なトラブルが起きやすいのです。頭皮が乾燥する原因は様々ですが、それを防ぐには原因にあった対策をするなど日頃からのケアが大切になります。では、そもそも乾燥しやすい地肌環境はどのように作られてしまうのでしょうか。
健康な頭皮というのは皮脂、人間の頭皮に必ず存在する常在菌、人それぞれ違う肌質の3つの要素のバランスがとれた状態のことをいいます。これら3つのバランスが崩れることによって頭皮の潤いが奪われ、乾燥しやすい頭皮環境になるのです。特に常在菌が異常繁殖すると、菌が頭皮を刺激しバリア機能が低下してしまうので乾燥が進んでしまいます。
頭皮が乾燥しやすい季節は冬だと思いがちですが、実は夏も気を付けなければならない季節です。冬は空気の乾燥によって頭皮の潤いが逃げやすい状態です。それによって頭皮のバリア機能も低下するのでフケが出やすい頭皮環境になっています。夏はシャワーを浴びる機会が多くなり、たくさん髪を洗うことによって頭皮の皮脂が不足がちになります。夏の外と室内の温度差・湿度差も原因の一つです。夏の室内は冷房が効いており、外との温度差・湿度差が大きくなります。頭皮が汗をかいたり冷やされたりを繰り返すことによって乾燥してしまいます。皮膚にベストな湿度は60%から65%だといわれています。加湿器や観葉植物をおいて皮膚に優しい湿度を保つようにすると、乾燥トラブルを改善することができます。冷房の風も直接肌にあたらないように気を付けましょう。紫外線も頭皮の乾燥を促進させます。頭皮を紫外線から守るには帽子、日傘、日焼け止めなどを使用し、髪の毛の分け目を定期的に変えるようにしましょう。もし頭皮が日焼けしてしまった場合は、冷たいタオルやシャワーで頭皮を冷やしてほてりを取った後、ローションなどでしっかり保湿をしましょう。
毎日の習慣にも原因があります。それはブラッシングです。クシが乾燥した頭皮に直接あたることによって角質層がダメージを受けてしまいフケの原因になります。ブラッシングは髪のほこりを取ったり整えたりするためのものなので、必要以上に頭皮にダメージを与えないように気を付けましょう。

これで安心!乾燥しにくい頭皮づくり習慣


乾燥トラブルが起きにくい頭皮をつくるためには日頃の習慣が大切です。まず毎日のシャンプーです。頭皮の汚れを落とすために、ついゴシゴシと洗ってしまいたくなりますが、頭皮へのダメージにつながり乾燥を促してしまいます。シャンプーは頭皮に優しいものを選び、指の腹を使って優しく丁寧に洗いましょう。お湯の温度も熱すぎると頭皮の潤いを奪ってしまうので熱すぎないように気を付けます。また、夏などは何回もシャンプーをしたくなりがちですが、シャンプーのしすぎは頭皮の皮脂を落としすぎてしまいます。一年を通してシャンプーは1日1回にしましょう。
シャンプー後の頭皮は乾きやすい状態です。また、濡れた髪は雑菌が繁殖しやすく痒みやニオイの原因になります。そこでドライヤーの仕方も重要になってきます。自然乾燥は控え、清潔なタオルで髪の水分を優しく取ってからドライヤーを使いましょう。ドライヤーは髪から20cmほど離し、1点に集中して風が当たらないように動かしながら髪の根元まで乾かすことが大切です。
次に、頭皮の乾燥には顔や体の皮膚と同じように頭皮への保湿ケアが効果的です。頭皮専用のローション等があるので頭皮にトラブルが起きる前に習慣的に使用することをおすすめします。また、定期的に頭皮のオイルマッサージをすることでも予防することができます。とても身近な乾燥トラブル、日々のケアで乾燥知らずの肌を目指しましょう。

次の記事へ