<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=1831753390397855&ev=PageView&noscript=1" />

コレで迷わない!育毛剤シャンプーを選ぶときの5つのポイント

「蘭夢」公式通販サイト > 豆知識 > コレで迷わない!育毛剤シャンプーを選ぶときの5つのポイント

コレで迷わない!育毛剤シャンプーを選ぶときの5つのポイント

育毛剤シャンプーの購入を検討中なら、いくつかおさえておきたい選び方のポイントがあります。例えば「ノンシリコン・アミノ酸系」「皮脂を取り過ぎず保湿成分が入っている」「無添加で髪の毛や頭皮に優しい」ものを選択しましょう。有名な育毛剤シャンプーだからといって安易に使用すると、含有成分が合わず頭皮トラブルを起こす可能性があります。また、男性は男性用、女性は女性用の育毛剤シャンプーを選ぶのがおすすめです。



育毛シャンプーでおさえておきたいポイント



育毛剤シャンプーを選ぶ際は、次のポイントを意識してみてください。安易な選択はせずご自身に合ったものを選びましょう。

1.ノンシリコンやアミノ酸系の育毛剤シャンプー
2.皮脂を取り過ぎず保湿成分が入っているもの
3.無添加で髪の毛や頭皮に優しいもの
4.費用が負担にならないもの
5.返金保証があるもの

1.ノンシリコンやアミノ酸系の育毛剤シャンプー


シリコン配合の育毛剤シャンプーの場合、すすぎ残しがあると頭皮にシリコンが残り、頭皮トラブルにつながるおそれもあります。また、シリコンによるアレルギー反応を起こす可能性も考えられます。
最近は、多くの育毛剤シャンプーが「ノンシリコン」を謳っています。ぜひノンシリコンの育毛剤シャンプーを使用してみてください。

また、「アミノ酸系シャンプー」を選ぶとなおいいでしょう。髪の毛は18種類のアミノ酸で構成されたタンパク質です。頭皮や毛に馴染みやすく肌への刺激が弱いアミノ酸系シャンプーで、優しく頭皮をケアしてください。

2.皮脂を取り過ぎず保湿成分が入っているもの


洗浄力や殺菌力が強いシャンプーは頭皮の汚れをしっかりと落としますが、同時に頭皮の皮脂も過剰に洗い流してしまいます。
皮脂を落としすぎると頭皮が乾燥し、フケやかゆみを招く可能性があるため、適度な洗浄力と保湿成分が含まれているものを選びましょう。

3.無添加で髪の毛や頭皮に優しいもの


育毛剤シャンプーは、なるべく無添加で地肌に優しいものを選んでください。
育毛剤シャンプーに限らずシャンプーに含まれている添加物は、香料や着色料、石油系の界面活性剤などがあります。それらが含まれているものを使用し続けると、頭皮にダメージを与えるおそれがあるためです。

4.長期的に使用しても費用が負担にならないもの
育毛剤シャンプーを使用してから効用が表れるまでの期間は人それぞれです。長期的に使用する可能性もありますから、費用が負担に感じない程度のものを選択しましょう。

また、育毛剤シャンプーの効用が感じられた後もそのまま使用し続けることが理想です。予算オーバーの育毛剤シャンプーを買ってしまったから続けられない…ということがないようにしましょう。

5 .返金保証があるもの


使用した育毛剤シャンプーが自分の頭皮に合わず、使用を中止する必要が出てきた場合、せっかくかけたお金が無駄になってしまいます。そうならないためにも、育毛剤シャンプーは返金保証を設けているメーカーを選択しましょう。返金保証の有無や条件については、メーカーによって異なるので注意が必要です。

要確認!ここだけははずせない2つの注意点


ここでは、育毛剤シャンプーを選ぶ際、とくに注意が必要な2点をご紹介します。

1.男性は男性用、女性は女性用のものを選ぶ


男性と女性では、薄毛や脱毛のメカニズムが違うため育毛剤シャンプーの含有成分も異なります。男性よりも皮膚刺激に弱いとされる女性の場合、より刺激の少ないものを選んだほうがいいでしょう。
男女兼用タイプの育毛剤シャンプーもありますが、やはりそれぞれの薄毛メカニズムに沿って作られている性別ごとの育毛剤のほうがおすすめです。

2.有名なメーカーや評価が高いだけの理由で選択しない


当然ですが、高評価な育毛剤シャンプーだから、有名なメーカーのものだからといって、必ずしも全員に効果があるとは言えません。上で紹介した育毛剤シャンプー選びのポイントを参考にして判断しましょう。

あなたに合った育毛剤シャンプーを選ぼう!


以上、育毛剤シャンプーを選ぶ際におさえておきたいポイントと注意点をご紹介しました。育毛剤シャンプーを使用することで、1年後だけでなく10年後の頭皮環境も変わってくるでしょう。自分の頭皮環境に合った育毛剤シャンプーが見つけられるように、ぜひ参考にしてみてください。

次の記事へ