薬用育毛剤「蘭夢」公式通販サイト

logo

豆知識

TIPS

抜け毛が多いと言われる実際の量は?抜け毛増加時に気をつけたいこと

豆知識

2021.05.06

抜け毛は自然に起こる現象です。誰でも1日に50~100本の髪の毛が抜けています。しかし、抜け毛の量が多いと感じているのであれば、飲酒や喫煙、睡眠不足などの生活習慣を見直す必要があるかもしれません。
本記事では、抜け毛の量が多くなる理由と気を付けるべきポイントを紹介します。ぜひ参考にしてください。

1日の抜け毛の量は50~100本

抜け毛が多いのはどのくらいの量?

髪の毛には髪が生えて自然に抜けるまでのサイクル「毛周期」があります。
毛周期は成長期・退行期・休止期の3つの段階があり、毛髪全体の80~90%が成長期にあたる毛で、毛周期のなかで成長期が一番長いです。退行期は髪が自然に抜けるまでの準備の期間で、だいたい2~3週間です。休止期は古い髪がいつ抜けてもいい状態になっており、髪の成長は完全に止まっています。新たな髪を成長させる準備の期間で、約3~6ヵ月です。
毛周期により、抜け毛があるのはごく普通のことです。誰でも1日に50~100本ほどの髪が抜けると言われています。もちろん抜け毛の数を正確に数えるのは困難ですが、排水溝にいつもより毛がたまっていた、枕にいつもより抜け毛があると感じた場合は注意してみるとよいかもしれません。

抜け毛が多いと言われる量は100本以上

抜け毛があることは自然なことですが、抜け毛の量が多すぎる場合は要注意です。1日の抜け毛の量が100本以上、それが毎日続くと言う場合は薄毛が進行している可能性が高いです。抜け毛の量が多いと感じたら、育毛剤を使用したり、クリニックで医師の診断を受けることをおすすめします。
一日の生活のなかで抜け毛が一番多いのはシャンプーをして髪を洗っているときです。したがって、シャンプーをしているときにいつもより抜け毛が多くたまると感じた場合は、髪のボリューム、髪の状態、頭皮環境に気を配ってみるとよいでしょう。

抜け毛の量が多い8つの理由

抜け毛が多くなる理由について解説していきます。抜け毛が多くなる理由は主に8つです。
1. 帽子やヘルメットをかぶる習慣がある
2. 男性型脱毛症AGA(女性であればFAGA)
3. 飲酒の習慣がある
4. 喫煙の習慣がある
5. 過度のストレス
6. 睡眠不足が続いている
7. 運動不足が続いている
8. 紫外線を浴びることが多い
それぞれについて、詳しく解説します。

理由1. 帽子やヘルメットをかぶる習慣がある

帽子やヘルメットは直接薄毛や抜け毛が増える原因にはなりませんが、注意が必要です。帽子やヘルメットで気を付けることは頭皮の蒸れです。頭皮の蒸れが続くと細菌の繁殖が発生しやすくなります。
細菌の繁殖が起こると頭皮環境が悪化し、抜け毛の増加につながります。帽子やヘルメットを長時間かぶった日は、いつも以上に丁寧に髪を洗う、帽子やヘルメットを丸洗いするなどして常に清潔に保ってください。

理由2. 男性型脱毛症AGA(女性であればFAGA)

抜け毛が増加する理由としてホルモンバランスが影響することあります。ホルモンバランスに関係しているのが男性型脱毛症AGA(女性であればFAGA)です。AGAは毛周期で一番長いはずの成長期が通常よりも短くなってしまい、髪の毛が伸び切る前に成長が止まってしまいます。そのあとで退行期、休止期がくるので髪の毛が抜ける期間が早まるのです。

理由3. 飲酒の習慣がある

飲酒も薄毛や抜け毛の増加の原因になります。もちろん適度な量であれば影響はありませんが、日ごろ飲み過ぎていると感じているのであれば注意が必要です。なぜ飲酒が抜け毛の増加につながるかと言うと、体内でアルコールを分解するために、髪に必要な栄養素が使われてしまうからです。
アルコールは肝臓で分解する際にアミノ酸を使用します。アミノ酸は髪の毛の成長にも不可欠な栄養素です。飲酒習慣がある人は、抜け毛の増加を防止するため、少しお酒を控えるとよいでしょう。

理由4. 喫煙の習慣がある

喫煙習慣は頭皮や髪にダメージを与え、抜け毛の増加につながります。喫煙によってニコチンが体内に取り込まれ、血行不良を引き起こします。血行不良が頭皮や髪にダメージを与えるきっかけになるのです。
喫煙が頭皮や髪に悪影響を与えるのは血行不良だけではありません。喫煙を続けていると、血液中に悪玉コレステロールが増えます。
悪玉コレステロールを減らすために体内ではタウリンと呼ばれる物質が作られますが、タウリンを生成するためにはアミノ酸が使われます。悪玉コレステロールの減少のためにアミノ酸を使用すると、髪の成長に使われるアミノ酸が減ってしまい、抜け毛の増加につながるのです。

理由5. 過度のストレス

ストレスも抜け毛の増加と関係が深いです。過度なストレスを感じると交換神経の影響で血管が細くなっていきます。血管が細くなっていくと髪へと届くはずの栄養も少なくなっていくため、成長期でも髪が成長しません。新たに生えてくるはずだった髪の毛も、十分に成長しないまま、休止期、退行期をむかえて抜け毛となるのです。

理由6. 睡眠不足が続いている

「寝る子は育つ」と言う言葉がありますが、髪の成長にも睡眠は必要です。睡眠中は髪を作る成長ホルモンが分泌されます。したがって睡眠不足が続くと、人体への影響はもちろん、髪の健康にも影響を及ぼすのです。

理由7. 運動不足が続いている

運動不足が続くと筋肉を動かす量も減るので、筋肉が凝り固まり血行不良につながります。血行不良が起きると髪への栄養も行き渡らなくなるので注意が必要です。
運動不足を感じている人には有酸素運動がオススメです。有酸素運動を行うと血流が良くなり、髪に栄養が行き渡りやすくなります。ウォーキングをしたり、いつもエスカレーターやエレベーターを利用している人は階段を利用したり、電車通勤をしている人は一駅分歩いてみるとよいかもしれません。

理由8. 紫外線を浴びることが多い

紫外線も髪に影響を及ぼします。とくに日差しが強い夏は注意が必要です。
頭皮が紫外線を浴びると「光老化(ひかりろうか)」と言う現象が起きます。光老化とは、加齢の老化とは別に紫外線を浴び続けることによって起こる老化です。紫外線を浴びて頭皮の光老化が進行すると、血行不良が起きて抜け毛の増加につがっていきます。

抜け毛増加時に気をつけたいこと

抜け毛が増加してきたら気を付けたいこと

抜け毛の量が多い理由について解説してきました。抜け毛の増加を予防するポイントは、下記の3つです。


1. 帽子やヘルメットの使い方
2. 生活習慣の改善
3. 抜け毛の形をチェックする


ここでは、それぞれについて詳しく解説します。

帽子やヘルメットの使い方

日常的に帽子やヘルメットをかぶる人は帽子やヘルメットの手入れは欠かさず行いましょう。素材や形状にもよりますが、帽子は洗濯機で丸洗いするなどして清潔を保ち、ヘルメットは中性洗剤を使用してスポンジを使用して洗うと雑菌の繁殖を防げます。
また、紫外線から頭皮を守るときは帽子をかぶることも効果的ですが、髪の毛用の日焼け止めもおすすめです。ドラッグストアで気軽に購入できますので、ぜひチェックしてください。

生活習慣の改善

飲酒と喫煙も抜け毛の増加につながるので、日常的にお酒を飲み過ぎている、タバコを吸う本数が多い人は、一度その習慣を見直し、控えることをおすすめします。飲酒も喫煙も急に断つことは難しいかもしれません。しかし、少しずつお酒を飲む量を減らしていく、タバコを吸う本数を減らすなどして取り組むことが大切です。
また、なるべくストレスをためないようにしましょう。趣味を充実させたり、しっかり睡眠時間を確保するなどして体に休息を与えることが大切です。日頃から運動を習慣づけることも意識しましょう。

抜け毛の形をチェックする

抜け毛が増えると量だけに注意がいってしまいがちですが、ぜひ抜け毛の形にも注意しましょう。
健康な抜け毛の場合は、毛根部に丸みがありボリュームがあります。毛根部のふくらみが少なかったりしたり、ちぎれていたり、脂性の付着物があったりと変化があれば、髪に異常が起きているかもしれません。抜け毛の形によって、脱毛の原因も変わってくるのです。

抜け毛の量が気になるときは、生活習慣の見直しを行いましょう

抜け毛が多いと言われる量と理由、抜け毛の増加時に気をつけたいことについて解説してきました。髪には成長期・退行期・休止期の毛周期があり、誰でも1日に50~100本の髪が抜けます。
しかし、抜け毛の量が100本を超える場合は注意が必要です。髪が一番抜けるときは髪をシャンプーで洗っているときなので、いつもより排水溝に抜け毛がたまるなって感じたら抜け毛の増加を疑ってみると良いかもしれません。

抜け毛の増加には遺伝的要素も理由のひとつですが、生活習慣も関わってきます。飲酒、喫煙、ストレス、睡眠不足、運動不足、これらは頭皮の健康だけでなく人体そのものの健康にも影響を及ぼします。抜け毛の増加を予防するとともに、普段から健康的な生活習慣を身に着けておくことも大事です。

一覧へ戻る

今すぐ買う