薬用育毛剤「蘭夢」公式通販サイト

logo

豆知識

TIPS

本当に育毛シャンプーは効果があるのか?特徴や使い方を解説!

豆知識

2021.03.11

薄毛の改善策として考えられる育毛シャンプー。髪を増やすことが目的の育毛剤と異なり、育毛シャンプーの効果とは「頭皮環境の改善」です。洗浄力の弱い成分を使い、頭皮に与えるダメージを軽減することで、抜け毛の原因となる頭皮の乾燥や炎症を防止します。結果として髪の生えやすい環境を作ることができるのです。こちらではそんな育毛シャンプーの効果について、正しいシャンプーの仕方とともに詳しく解説いたします。

加齢とともに気になってくるのが髪の毛の問題。薄毛は多くの人にとって大きな悩みの種であり、育毛剤や育毛シャンプーにも手を出してみたくなるもの。

しかし、育毛シャンプーなんて本当に効果があるのだろうかと訝る気持ちがあるのも本音ではないでしょうか。高いお金を使って、効果がなくてはもったいないですからね。

ここでは育毛シャンプーについて、その効果や特徴をズバリ解説いたします。

育毛シャンプーの効果と成分


育毛シャンプーの効果と成分のイメージ画像

育毛シャンプーの効果は頭皮環境の改善


発毛剤や育毛剤と違い、育毛シャンプーは直接的に育毛・増毛効果を持つわけではありません。

発毛剤は発毛や育毛の効果があると厚生労働省に認められている医薬品。育毛剤は医薬品より作用が緩和であるものの、育毛促進ことを目的に作られた医薬部外品。それらには育毛効果が期待できると認められている有効成分を含んでいます。

では育毛シャンプーはと言うと、育毛シャンプーの基本的な目的は頭皮環境を整えることにあります。
海藻エキスやセンブリエキスなどの育毛効果のある成分を含んでいるものもありますが、実際抜け毛の主要な原因は頭皮のトラブルです。
つまり、頭皮環境を整えることで、結果として抜け毛を防止することにつなげるのが育毛シャンプーの働きです。

洗浄力の弱い成分が頭皮環境に優しい


頭皮環境を整えるとは具体的にどういうことでしょうか。
通常、シャンプーとは髪の汚れを落とすことが一番大事な目的であり、その成分の中にはラウリス硫酸ナトリウムなどの洗浄力の高い界面活性剤が含まれます。

もちろん、しっかりと汚れを落とし毛髪および頭皮を清潔に保つことは不可欠なのですが、こうした洗浄力の高さは一方で、必要以上に油分を洗い落とすことにより頭皮の乾燥を招く原因にもなっています。また皮膚刺激が強く、頭皮にダメージを与えてしまうといった側面もあります。

育毛シャンプーは頭皮環境に配慮し、一般的なシャンプーと比べて刺激の少ない原材料を使っていることが特徴です。
アミノ酸系や石鹸系と言われるもので、具体的にはラウレス酢酸ナトリウムやココアンホ酢酸ナトリウムといった、非常に安全で皮膚刺激の少ない洗浄剤が用いられているのです。
育毛シャンプーを購入する際には、成分を調べることが大切と言えるでしょう。

育毛シャンプーの効果的な使い方


育毛シャンプーの効果的な使い方のイメージ画像

正しいシャンプーの仕方が効果を高める


育毛シャンプーの効果を実感するためには、正しい方法でシャンプーをすることが必要です。

まずはシャンプーをする際に爪を立てることは禁物です。指の腹を使い、頭皮に傷をつけないよう丁寧に洗いましょう。
洗髪前にはシャワーで頭皮全体にお湯を行き渡らせるようにし、洗髪後はシャンプーが頭に残らないようにしっかりとすすぐことが必要です。
乾かす際は、タオルで丁寧に拭き取りましょう。その際、ゴシゴシとこすると髪や頭皮に大きなダメージを与えることになるのでやさしく抑えるように水分をふき取ることを心がけましょう。

正しい仕方でシャンプーをするだけでも頭皮は清潔に保たれ、ダメージは大きく軽減することでしょう。ダメージの軽減は髪の抜けにくい・生えやすい頭皮環境に繋がります。

育毛剤と併用すればさらに効果的


育毛シャンプーは頭皮を良好な状態にすることで抜け毛を防ぐといった効果がありますが、それだけで髪が太くなったり、強くなったり、生えてきたりするというわけではありません。
頭皮環境の改善以上の効果を期待するにはやはり育毛剤を使う必要があります。

つまり、育毛シャンプーと育毛剤を併用することが、さらに有効な薄毛改善策だと言えるでしょう。
頭皮環境が良好な状態にあれば、育毛剤の浸透が高まり、使用感も快適なものになります。

育毛シャンプーはいわば育毛剤をサポートするもので、育毛剤の効果が最大限に発揮できるための、つまり髪の毛を生えさせるための環境を整えるものなのです。

育毛シャンプーを使って髪の生えやすい頭皮に


育毛シャンプーの効果とは、頭皮環境の改善にあります。
頭皮に刺激の少ないシャンプーを使うことで、抜け毛の原因となる頭皮の炎症や乾燥が防止されます。
育毛シャンプーを検討する際には肌に優しい成分が使われているかを確認しましょう。
もちろん肌に合う・合わないといった個人差はありますので、もし痒みや痛み、赤味、腫れなどの異常が現れた場合にはすぐに使用をやめてください。
自分に合った育毛シャンプーを適切に使うことができれば、髪の生えやすい頭皮環境が作られるはずです。

一覧へ戻る

今すぐ買う