薬用育毛剤「蘭夢」公式通販サイト

logo

豆知識

TIPS

AGA改善のためには薬用育毛剤の使用が効果的!?

豆知識

2021.03.10

男性の薄毛、AGA改善のための薬用育毛剤がたくさん登場しています。
どれも同じ効果があるわけではなく、成分や使い方によって人それぞれ効果が変わります。

育毛剤を正しく選び、正しいタイミングで使うことで、髪の悩みやAGA改善につながるかもしれません。
今一度、薬用育毛剤の基本的な情報を把握し、自分にぴったりの育毛剤選びをしていきましょう。

薬用育毛剤の効果は髪の成長を促すこと

まず薬用育毛剤の基本的な効果について理解しましょう。

薬用育毛剤の本来の効果は「髪の成長を促すこと」です。
現在ある髪の成長を促して丈夫にすることで、抜けにくく、太く健康的な髪を目指します。

また髪の成長を促すだけでなく、頭皮の環境を整えて健康的な髪が育ちやすい土台を作る役割もあります。

薬用育毛剤はすぐに効果が出るものではなく、徐々に髪が育ちやすい環境を作ってくれるものです。
そのため、ヘアサイクルが整うと言われている6ヵ月程度は使い続けることが推奨されています。

使い続けるうちに少しずつ髪に変化を感じ、頭皮の環境もよくなっていきます。
なかには、抜け毛が減るなどで効果を実感する方もいます。

薬用育毛剤は使用をやめると元の状態に戻ってしまいますので、効果を実感したあとも使い続けることが大切です。
AGAは進行するものですので、気になる方は使い続けられる薬用育毛剤を手元においておきましょう。

薬用育毛剤は「髪を生やすもの」ではない?本当の効果とは

育毛剤の効果

薬用育毛剤の効果は、髪の成長を促すことで、新しく髪を生やしてくれるわけではありません。
ですが、AGAに悩む方には薬用育毛剤が無意味なものというわけではありません。

ここでは、さらに詳しい効果について解説します。

1.血行促進して栄養を届ける

薬用育毛剤には、血行促進に効果的なものが多いです。

血行を促進させる成分が頭皮に行き渡ることで、血液の流れがよくなります。
すると新鮮な栄養が頭皮に行き渡りやすくなります。

栄養が十分にあると髪の成長にもよい影響をもたらし、健康的な髪を増やすことに役立ちます。

2.抗炎症作用で頭皮トラブルを防ぐ

抗炎症成分が入っている薬用育毛剤を利用すれば、頭皮トラブルの改善を目指せます。
フケ、かゆみ、ベタつき、においなどの悩みがある方は、生活習慣や体質などによって頭皮トラブルが起きやすい状態かもしれません。

頭皮トラブルを放置していると、髪の成長にも悪影響になり、結果的に薄毛の進行につながります。
抗炎症成分でこれらのトラブルを落ち着けることで、頭皮の環境を整え、育毛成分の効果を発揮しやすい状態に導きます。

3.保湿作用で頭皮の乾燥を防ぐ

薬用育毛剤には、保湿成分が含まれているものも多いです。

頭皮も肌と同じで、乾燥するとトラブルを引き起こしやすくなります。
頭皮がカサつく、パサパサのフケが出るといった状態を放置していると頭皮の乾燥が進み、栄養が髪に届きにくい状態になっていきます。

保湿成分の含まれる育毛剤を取り入れて、潤いを保つようにしましょう。

薬用育毛剤の効果を妨げる3つの理由

薬用育毛剤は、使い方を間違えていると本来の効果を発揮しません。

薬用育毛剤を使い続けているのになかなか効果を感じられないという方は、育毛剤の使用を諦めてしまったり、頻繁に育毛剤の種類を変えたりするのではなく、まずは間違った使い方をしていないか確認してみてください。

1.薬用育毛剤の使い方が間違っている

薬用育毛剤にはそれぞれの正しい使い方があります。
正しい使い方、説明を無視して使っていると、育毛剤が頭皮に浸透しません。

● 髪の毛ではなく頭皮になじませること
● 指の腹を使って優しく頭皮をマッサージすること
● メーカーが推奨する容量を守ること
● 適切なタイミングで塗布すること

などが、より育毛剤を頭皮に浸透させるために大切なポイントです。

薬用育毛剤のパッケージなどに記載されている正しい使い方を再度チェックして、間違った使い方をしていないか振り返ってみましょう。

2.頭皮の環境が整っていない

薬用育毛剤を浸透させるには、頭皮の環境を整えることも大切です。
健康的な髪の土台となる頭皮の環境が整っていないと、育毛剤も浸透しにくく、結果育毛効果にも悪影響を与えます。

頭皮のカサつき、ベタつき、かゆみが気になる、頭皮が硬いなどの悩みがある方は、まずその頭皮の問題を解決することが大切です。

正しい方法でシャンプーをする、自分の頭皮に合うシャンプーをする、きちんと乾かすなどの基本的なことを見直してみてください。
頭皮環境が整えば薬用育毛剤が浸透しやすくなるだけでなく、丈夫な髪も育ちやすくなり、薄毛対策にも効果が期待できます。

3.効果が出るまでにやめてしまう

髪には生え変わりのサイクルがあります。
このサイクルは人によっても周期が違いますが、乱れたヘアサイクルを整えるためには6ヵ月ほどかかると言われています。

毎日きちんと育毛剤を使ったのに効果が出なかったという方は、この期間を待たずにやめてしまっている可能性が高いです。

人によっては実感できるタイミングがもう少し遅い人もいますし、自分では気づかないだけでしっかり効果が出ていることもあります。
使用前の写真を撮影しておき、6ヵ月後に再度撮影して違いをチェックしてみることもおすすめです。

薬用育毛剤の効果をより実感できる3つの使い方

育毛剤の効果を実感できる使い方

薬用育毛剤は効果的な使い方をすることで、さらに頭皮にしっかり浸透させられます。
自分はどんな風に薬用育毛剤を使っているかを考えつつ、おすすめの育毛剤の使い方も参考にしてみてください。

1.気になる頭皮にしっかりなじませる

薬用育毛剤は髪につけるのではなく、頭皮につけるアイテムです。
薄毛が気になる部分を明確にし、ブラシなどで分け目を作り、その部分にしっかり育毛剤をなじませましょう。

薬用育毛剤の量は少なすぎても効果が弱まる可能性もあります。
適切な量を塗り、その後頭皮に浸透するようになじませましょう。

2.1日2回に分けて塗る

薬用育毛剤の使用頻度は育毛剤の種類によっても違いますが、基本的には1日2回の塗布がおすすめされているものが多いです。
朝は頭皮が清潔な状態ですので、このタイミングでつけるのがおすすめです。

夜は日中に頭皮についた汚れや皮脂、スタイリング剤などをシャンプーでしっかり落としてから使いましょう。
温まった状態は毛穴が開いており、頭皮も柔らかくなっています。

薬用育毛剤を浸透させるには最適なタイミングです。

3.なじませた後はやさしくマッサージしましょう

薬用育毛剤をなじませた後は、指の腹を使い、頭皮をやさしくマッサージしましょう。頭皮全体を5本の指の腹で押したり離したりを繰り返す「押し技マッサージ」がおすすめです。
マッサージをすることで血流が良くなり、毛根へ運ばれる栄養が増えることになります。
爪を立てたり、擦ったり叩いたり、また髪が抜けるほど強い力で行うとかえって逆効果ですので注意しましょう。
後頭部、耳の後ろ、側頭部、頭頂部、前頭部と、頭皮全体をマッサージしていきましょう。

薬用育毛剤の効果をさらに発揮させる3つのポイント

薬用育毛剤を使っていれば、薄毛の進行が遅れるというわけではありません。

薬用育毛剤のほか、毎日の頭皮ケアを続けることで頭皮の健康を維持でき、薄毛対策にもつながります。

ここでは、薬用育毛剤以外でできる頭皮ケアを紹介します。

1.頭皮を清潔な状態に維持する

薄毛対策にはまず頭皮を清潔な状態に維持することが大切です。
頭皮は、皮脂やほこり、スタイリング剤などで汚れがたくさん付着しています。

そのまま放置すると毛穴に汚れが残り、健康的な髪が生えてきにくくなります。
それだけでなく毛穴に残った汚れが原因でベタつき、かゆみ、フケなどの頭皮トラブルが起こることもあります。

頭皮をかくことで炎症が起き、さらに頭皮環境が悪化する可能性もあります。

そうならないためには毎日のシャンプーが大切です。
シャンプーをする前にブラシで髪の汚れをある程度落とし、十分な量のシャンプーをしっかり泡立てて頭皮の汚れを落としましょう。

すすぎ残しも頭皮トラブルの原因になりますので、しっかり洗い流してください。

薬用育毛剤を正しく使ってAGA改善に取り組もう

薬用育毛剤の効果や使い方について解説しました。
薬用育毛剤は髪を増やすものではなく、髪の成長を促すものです。

頭皮環境を整えることで髪の成長によい影響を与え、健康的な髪の状態を維持します。

薬用育毛剤は正しく使い続けることが、AGA改善にとって大切です。
薄毛が気になる、自宅でできるケアを取り入れたいという方は、頭皮ケアとともに薬用育毛剤の利用も検討してみましょう。

一覧へ戻る

今すぐ買う