薬用育毛剤「蘭夢」公式ショッピングサイト
お電話でのご注文はフリーコール0120-55-9614 RANMU会員様ログイン カートの中を見る
発毛 薬用育毛剤「蘭夢(らんむ)」のトップページ 蘭夢について キャンペーン 商品ラインナップ
商品カテゴリ
キャンペーン情報
蘭夢黄金率100mlの通常購入
蘭夢黄金率の「定期便」
蘭夢黄金率の「まとめ買い」
ヘアケア|育毛剤
蘭夢の「定期便」
蘭夢の「まとめ買い」
シャンプー・コンディショナー
シャンプー・コンディショナーの定期便
ハンドケア
石けん・ボディソープ
ドリンク・フード
商品検索
商品レビューで100ポイントプレゼント!
蘭夢の正しい使い方
お客様のお声
知って得するヘアケア特集
ちょっと気になる髪のお悩みアンケート
蘭夢FAQ
蘭夢ニュース
営業日カレンダー
携帯サイトのご案内
お客様相談室
河野メリクロンについて
RANMU(らんむ)は、一般財団法人 日本電子商取引事業振興財団(J-FEC)の会員として同財団法人の活動を支援しています。

トップページ > 知って得するヘアケア特集 > 髪によい生活習慣

髪の毛や頭皮の事、知っているようで皆さん意外と知らないものです。
ここでは、ヘアケアを行う上で髪のメカニズムについて知り、育毛
に関する正しい知識を身につけましょう!
自分の髪についてしっかり学びましょう。

<<  1 2  3  4      Page 4/4
シャンプー&マッサージ 髪と頭皮の基礎知識 髪の大辞典





髪にいい生活習慣


髪の健康は日々の生活から

体と同じで髪の健康にも「規則正しい生活」が大変重要です。
髪の事を考えた規則正しい生活をおくるために『1.食事』『2.睡眠』『3.運動』『4.ストレス』『5.アルコール・たばこ』の5つの項目について説明していきましょう。

1.食 事

基本的に体に悪いものは髪への影響も良くないため、脂質の多いものや辛いもののを取りすぎは十分注意が必要です。
では、髪によい食べ物にはどんなものがあるのでしょうか。

髪のために大切な栄養素に、「たんぱく質」「ビタミン」「ミネラル」があります。
まず、髪の90%近くはケラチンというたんぱく質からできており、無理なダイエットや偏食でたんぱく質が不足すると、 髪が細くなり抜け毛の原因となります。
この髪の毛を構成するたんぱく質を多く含んでいる、大豆製品や魚類、卵といった食品の摂取を心がけましょう。

しかし、タンパク質だけでは健康な髪を育てることはできないのです。髪や体の新陳代謝を正常に保つ働きのあるビタミン(A・B・C群)が、タンパク質を体内で利用できる形にすることで、髪へ良質の栄養素を与えることができます。このビタミンを多く含む食品は、緑黄色野菜や果物などが挙げられます。

次に、ツヤやかな髪を育てるうえでミネラルは大変重要な栄養素です。
このミネラルを多く摂取できる食材で代表的なものが、牡蛎 ワカメ ひじきといった魚介類や海藻類です。その他にも、牛レバーや牛もも肉もミネラル含有量が豊富です。
ミネラルは体内では生成できないものなので、普段から意識して摂取したいですね。

但し、ここで紹介した「たんぱく質」「ビタミン」「ミネラル」といった栄養素も摂りすぎては逆によくありません。
バランスよく食べることが一番大切です。

2.睡 眠

髪は夜間に成長し、特に 午後10時から午前2時ごろは新陳代謝が活発になり、成長ホルモンが大量に分泌される重要な時間帯と言われています。 この時間帯に就寝することにより、 血液が運ぶ栄養素を毛母細胞まで行き渡らせることになります。
また、毎日同じ時間帯に寝て同じ時間帯に起きるといった、規則正しいリズムをもつことで体が眠る体制に入りやすくなります。こうすることで、寝入るまでの時間が短くなり深く充分な睡眠をとることができるのです。仕事等でどうしてもこの時間帯に就寝できないという方も少なくないでしょう。その場合、毎日は無理でも休日を利用して週1でも心がけましょう。

3.運 動

適度な運動は、全身の血液の巡りを良くし、髪や頭皮への血流を増やすのにとても大切です。
ウォーキングやジョギング、水泳などの有酸素運動を1日20〜30分程度取り入れ、週に3〜5日のペースで続けることが理想です。
また、適度に体を動かすことで心地良い疲労感が生まれ、質の良い睡眠へと導いてくれます。

4.ストレス

ストレスは、血管を収縮させ頭皮の血行を悪くしてしまいます。そのため髪に栄養が運ばれにくくなり、髪の毛の健康が保てなくなります。ストレスは溜め込み過ぎず、自分なりのストレス発散方法を見つけることも大切です!

5.その他(アルコール・タバコ)

喫煙やお酒の飲み過ぎは、血液循環を悪くしたり肝臓にダメージを与えます。肝臓は、髪の毛の元となるタンパク質の製造工場を担う臓器ですので、アルコールやニコチンによりダメージを受けると、髪に運ばれる良質な栄養素がうまく作られないなど髪の健康に悪影響を及ぼします。

健康な髪を育てるためにも過度の飲酒や喫煙はおススメできません。完全に止めるのではなく、小休止すると考え負担にならない程度にアルコール・タバコは控えましょう。

 

<<  1 2  3  4      Page 4/4