<iframe src="http://b.yjtag.jp/iframe?c=6zOzu9l" width="1" height="1" frameborder="0" scrolling="no" marginheight="0" marginwidth="0"></iframe>
薬用育毛剤「蘭夢」公式ショッピングサイト
お電話でのご注文はフリーコール0120-55-9614 RANMU会員様ログイン カートの中を見る
発毛 薬用育毛剤「蘭夢(らんむ)」のトップページ 蘭夢について キャンペーン 商品ラインナップ
商品カテゴリ
キャンペーン情報
蘭夢黄金率100mlの通常購入
蘭夢黄金率の「定期便」
蘭夢黄金率の「まとめ買い」
ヘアケア|育毛剤
蘭夢の「定期便」
蘭夢の「まとめ買い」
シャンプー・コンディショナー
シャンプー・コンディショナーの定期便
ハンドケア
石けん・ボディソープ
ドリンク・フード
商品検索
商品レビューで100ポイントプレゼント!
蘭夢の正しい使い方
お客様のお声
知って得するヘアケア特集
ちょっと気になる髪のお悩みアンケート
蘭夢FAQ
蘭夢ニュース
営業日カレンダー
携帯サイトのご案内
お客様相談室
河野メリクロンについて
RANMU(らんむ)は、一般財団法人 日本電子商取引事業振興財団(J-FEC)の会員として同財団法人の活動を支援しています。

コラム


薄毛対策の第一歩は正しい基礎知識の収集理解から

薬用育毛剤蘭夢(らんむ) トップページ > コラム > 薄毛対策の第一歩は正しい基礎知識の収集理解から

薄毛対策の第一歩は正しい基礎知識の収集理解から

適切な薄毛対策のポイントあれこれ


薄毛についてお悩みの方々は、自分自身にそのような症状が襲い掛かるとは予想だにしていなかったでしょう。あるいは、知人や友人の薄毛の兆候を見つけ、いち早く自らは薄毛対策を始めた方もいるかもしれません。僅かな兆候から一気に加速度を増して抜け毛へと症状が悪化するリスクが否めぬ現実を知れば、より一層、初期段階における対策の重要性を痛感させられます。
抜け毛には、いわゆる育毛剤の使用が思い浮かびます。ここで大切なのが、このアイテムを用いて得られるとされる効果だけに、全ての期待感を寄せてしまうのも少し考えものでしょう。確かに育毛剤は髪と頭皮周辺の細胞が必要とする各種有効成分が含まれており、ダイレクトに局部に浸透する事でそれらを送り届ける働きを担います。しかし、せっかくの栄養素も、皆さんの健康状態に問題があれば、肉体側がそれらを適正に活用出来ず、せっかくの育毛剤の使用で得られる効果も半減あるいは激減となり兼ねません。
ここでは、適切な薄毛対策を見据える上で日々必要な生活習慣上の注意点、更には育毛剤などの使用に際しての要注意点にスポットを当てて紹介します。
市場に流通する各種育毛効果を謳う商品の宣伝文句を目にすれば、これさえあればOK、使用すれば一気に髪がフサフサに的などの文言が飛び交っているのが現状です。それらを一概に誇大広告と切り捨てる必要こそありませんが、多くの方々が見落としがちな薄毛対策にプラスアルファする方法を、ぜひこの機会にお試しいただくことをお勧めします。

育毛剤などのアイテムだけに頼らぬ姿勢を


使い始めてから数日で、髪が濃くなったと周囲の人達から言われた、みるみるうちに露呈していた地肌が見えなくなったなど、利用者の驚きや感謝の声が次々と紹介されるのが、薄毛対策アイテムの代表的な宣伝手法である事は、既に皆さんもお気づきの通りです。藁をも縋る想いの方々の購買意欲に火をつけるには十分過ぎるこれらのコメントですが、全てを鵜呑みにしてはならない事実に気づかされるでしょう。とりわけ匿名性が際立った強いインターネット上の情報であれば尚更です。
今日、いわゆるヒット商品と位置付けられている薄毛対策商品には、確かな効果が存在していると判断して間違いではありません。虚偽の宣伝文句だけが独り歩きした商品はいずれ自然と淘汰されるのが現実のため、ロングラン商品が有する安心感を頭ごなしに否定することは出来ないでしょう。皆さんが実際に購入される商品の選択作業に際しても、この部分は重要な参考ポイントであり、入手して用いる価値は十分です。
しかし、アイテムに100%を頼り切ってしまうことはお勧めできないでしょう。薄毛を招いている直接的な患部は毛根周辺に他なりませんが、この部位は身体の一部であり、全身の健康状態が悪化している事実を薄毛なる症状を通じて訴えている、すなわちSOSシグナルである可能性を見過ごしてはなりません。無意識の中で蓄積され続けるストレス、それを解消すべく続けてしまっている暴飲暴食や睡眠不足など、もう1歩掘り下げて冷静に原因を考えてみれば、薄毛となる原因や、日常生活の中で改善すべきポイントが自ずと見えて来ます。

見逃せぬ日常生活の見直しと改善


薄毛の原因として遺伝なる人体の神秘は確かに見逃せません。ご両親や親族を見て、いわゆる諦めの境地に一気に達してしまわれる方々も見られますが、そうした方々にも敢えてより改善効果が期待出来る、更なるもうひと足掻きを実践していただければと願うばかりです。あるいは周囲にそのような存在が見当たらぬ方々であれば尚更です。ご自身の中に現状を誘発してしまった何らかの要因の存在が否定出来ず、まずはそれが何であるのかを冷静に見極める作業に、一刻も早く着手される事をお薦めします。
一例として、勤務時間中は着帽が義務付けられ、更に、二交代あるいは三交代制など、結果睡眠時間のリズミカルな確保が叶わぬ職種に従事されているのであれば、ここに改善点が考えられるでしょう。帽子で密閉された頭皮は当然、自然な環境下と比較すれば過酷な状況です。とりわけ発汗が活発な夏季はサウナ状態であり、作業帽の洗濯が不十分であれば、雑菌とパッキングされた過酷な環境に自らの頭皮を晒さざるを得ません。更に睡眠中に作られる髪だからこそ、不規則な24時間サイクルの生活スタイルが届ける負の影響は、あらためて語るまでもありません。
だからと薄毛の対策を理由に、安易に転職に及ぶ訳にも行きません。ならば自身の生活スタイルの中で果たして何が出来るのか、これを見極める作業こそが薄毛対策の第一歩に他なりません。身体的に過酷な環境が回避出来ないのであれば、例えば食生活の改善で何らかの対策を講じるのかなど、まずは現実を冷静に見据えた上で、可能な手段を明確に見極める姿勢が求められます。


戻る