<iframe src="http://b.yjtag.jp/iframe?c=6zOzu9l" width="1" height="1" frameborder="0" scrolling="no" marginheight="0" marginwidth="0"></iframe>
薬用育毛剤「蘭夢」公式ショッピングサイト
お電話でのご注文はフリーコール0120-55-9614 RANMU会員様ログイン カートの中を見る
発毛 薬用育毛剤「蘭夢(らんむ)」のトップページ 蘭夢について キャンペーン 商品ラインナップ
商品カテゴリ
キャンペーン情報
蘭夢黄金率100mlの通常購入
蘭夢黄金率の「定期便」
蘭夢黄金率の「まとめ買い」
ヘアケア|育毛剤
蘭夢の「定期便」
蘭夢の「まとめ買い」
シャンプー・コンディショナー
シャンプー・コンディショナーの定期便
ハンドケア
石けん・ボディソープ
ドリンク・フード
商品検索
商品レビューで100ポイントプレゼント!
蘭夢の正しい使い方
お客様のお声
知って得するヘアケア特集
ちょっと気になる髪のお悩みアンケート
蘭夢FAQ
蘭夢ニュース
営業日カレンダー
携帯サイトのご案内
お客様相談室
河野メリクロンについて
RANMU(らんむ)は、一般財団法人 日本電子商取引事業振興財団(J-FEC)の会員として同財団法人の活動を支援しています。

コラム


薄毛の対策には育毛シャンプーがおすすめ!

薬用育毛剤蘭夢(らんむ) トップページ > コラム > 薄毛の対策には育毛シャンプーがおすすめ!

薄毛の対策には育毛シャンプーがおすすめ!



薄毛の原因



薄毛というと、比較的年齢の高い中高年層や男性に多いイメージがありますが、最近では、まだ年齢の若い20代から30代といった若い世代や女性も増えてきています。薄毛の主な原因を男女共通で挙げると、ストレス、睡眠不足、喫煙、運動や食事といった生活習慣などにあると言われています。

ストレスで自律神経の働きが悪くなったり、ホルモンバランスが崩れたりすると血流が悪くなりやすく毛根に栄養が行き届きにくくなります。髪の毛の生成にはビタミンやミネラルといった栄養が必要であり、血流不足は髪の毛には良くありません。あまり血流が悪いと髪の毛に必要なこれらの栄養が行き渡らなくなり、薄毛の原因になってしまいます。できるだけストレスを発散できるように、自分なりにリラックス方法を考えたり、適度な運動をしたり、普段から食事の内容が偏らないようにバランスを考え、必要な栄養を摂取するなど心がけをすることが大事です。もし普段の食事でなかなか摂取が難しいならば、サプリメントで補うのも良いでしょう。また、眼精疲労も良くありません。長時間パソコンをしたり、ゲームをしたりして目を酷使すると血行不良となりやすく髪の毛に悪影響を及ぼすおそれがあると指摘されています。

他にも薄毛には、男性の場合は男性ホルモンであるテストステロンが、女性の場合は女性ホルモンであるエストロゲンがそれぞれ関係していると言われています。近年では、女性の薄毛が増えてきています。「びまん性脱毛症」というのがあり、頭頂部や前頭部の生え際が薄くなっていく男性の薄毛とは違い、髪の毛全体がまんべんなく薄くなっていき、頭髪の間から頭皮が見えてくるようになります。これは、加齢、閉経、ストレスなどでホルモンバランスが崩れてしまい、女性ホルモンのエストロゲンが減少し、頭髪が薄くなる原因になってしまうからです。



育毛シャンプーで薄毛対策



薄毛の対策に育毛シャンプーを使う方法があります。育毛シャンプーとは、その名の通り、育毛のために役立つシャンプーのことです。育毛シャンプーを使って、頭皮に必要な栄養を行き渡らせられるように血行を良くしたり、育毛を促すために頭皮の環境を整える働きをします。

普通のシャンプーは髪の毛を綺麗に洗浄するために刺激の強いものが多いです。それに対し、育毛シャンプーと呼ばれるものは、アミノ酸系シャンプーが多いです。アミノ酸系シャンプーは、洗浄成分にアミノ酸成分が含まれているものです。価格は普通のシャンプーに比べ高めです。このシャンプーの特徴は、洗浄能力はやや弱いですがやさしく、低刺激で保湿性に優れている点です。シャンプーの容器に表示されている主成分表に、ラウリン酸、グルタミン酸、メチルアラニン、グリシン、ヤシ油脂肪酸、メチルタウリン、サルコシンなどが表示されているものがアミノ酸系シャンプーです。それに加え、育毛シャンプーには、育毛に役立つ成分が含まれている場合があります。どういう種類の成分があるかというと、脱毛の原因となる男性ホルモンを抑える成分や、頭皮の血行を良くするための血管拡張の成分、ビタミンなどの栄養補給、脂質除去、保湿、消炎、殺菌・抗菌などがあります。

自分にはどの成分が含まれているものがあっているのかを、購入する前にインターネットなどで調べておくと良いでしょう。育毛シャンプーは、使ったからといって髪が生えてくるわけではありません。大切なのは、髪が生えてきやすい頭皮環境にするということです。また、育毛シャンプーは、使う人によって個人差があり、人気のある種類のシャンプーだからといって自分に合うとは限りません。



育毛シャンプーの仕方



育毛シャンプーといっても、シャンプーには変わりありませんから、普通のシャンプーと同様に洗います。ただ、洗うといっても髪や頭皮にやさしい洗い方をするのが薄毛対策のコツです。

まずは、髪を洗う前にブラッシングをし、髪をやさしくほぐします。ブラッシングを終えたら、次は髪をシャワーで濡らします。シャワーの温度は、熱すぎると髪のキューティクルにあまり良くないので、37℃から39℃くらいの人肌に近い温度が良いです。シャワーのお湯の温度を熱くしすぎないように気をつけましょう。それから、手のひらにシャンプーをつけて泡立てます。泡立てたら髪にシャンプーをつけ、爪を立てないように手の指の腹で頭皮をやさしく揉みながら洗っていきます。髪の毛を洗うというより、頭皮を洗うという意識で洗います。最後にすすぎです。髪の毛の長さや量は人により違うので、すすぎにかかる時間もそれぞれ違いますが、ゴシゴシ洗い過ぎないように、シャンプーが残らないように綺麗に洗い落としましょう。洗い落としがあると、炎症や痒みの原因になってしまします。シャンプーの後は、人によってコンディショナーを使うことがあります。コンディショナーは、髪に潤いを与えたり、櫛通りを良くしたりします。シャンプーで頭皮の皮脂が落ちてしまっているので、コンディショナーを使うことによりパサパサした髪に艶やハリを出せます。育毛シャンプーと併用して、育毛コンディショナーを使ってみるのも良いでしょう。そして、シャンプーやコンディショナーでのすすぎが終わった後は、髪を乾かします。自然乾燥は、雑菌が髪につきやすくなるので、タオルで綺麗に水分を拭き取った後、ドライヤーを使います。ドライヤーは、頭皮に近づけすぎず、同じ箇所に当てすぎないように注意しながら使い、髪を乾かしましょう。

生活環境に気をつけ、自分に合った育毛シャンプーを選び、髪や頭皮に良い洗浄をするのが薄毛対策の一つの方法です。


戻る