<iframe src="http://b.yjtag.jp/iframe?c=6zOzu9l" width="1" height="1" frameborder="0" scrolling="no" marginheight="0" marginwidth="0"></iframe>
薬用育毛剤「蘭夢」公式ショッピングサイト
お電話でのご注文はフリーコール0120-55-9614 RANMU会員様ログイン カートの中を見る
発毛 薬用育毛剤「蘭夢(らんむ)」のトップページ 蘭夢について キャンペーン 商品ラインナップ
商品カテゴリ
キャンペーン情報
蘭夢黄金率100mlの通常購入
蘭夢黄金率の「定期便」
蘭夢黄金率の「まとめ買い」
ヘアケア|育毛剤
蘭夢の「定期便」
蘭夢の「まとめ買い」
シャンプー・コンディショナー
シャンプー・コンディショナーの定期便
ハンドケア
石けん・ボディソープ
ドリンク・フード
商品検索
商品レビューで100ポイントプレゼント!
蘭夢の正しい使い方
お客様のお声
知って得するヘアケア特集
ちょっと気になる髪のお悩みアンケート
蘭夢FAQ
蘭夢ニュース
営業日カレンダー
携帯サイトのご案内
お客様相談室
河野メリクロンについて
RANMU(らんむ)は、一般財団法人 日本電子商取引事業振興財団(J-FEC)の会員として同財団法人の活動を支援しています。

コラム


育毛シャンプーの種類について

薬用育毛剤蘭夢(らんむ) トップページ > コラム > 育毛シャンプーの種類について

育毛シャンプーの種類について



様々な育毛シャンプー



様々な種類の育毛シャンプーが市販されていますが、原料別に分けると高級アルコール系、石鹸系、アミノ酸系シャンプーの3種類に分かれます。

スーパーやドラッグストアなどで市販されている一般的なシャンプーのほとんどがアルコール系タイプのシャンプーです。原料費が安く、手軽に買える事で一番普及しているシャンプーです。アルコール系シャンプーは泡立ちが良く洗浄力も高いので、頭皮の皮脂汚れもしっかり取り除いてくれます。しかし、洗浄力が強いことで過剰に皮脂を取り除いてしまい、皮膚の乾燥による炎症を起こす可能性があり、育毛にはあまり向いていないシャンプーと言われています。

アルコール系より洗浄力が強すぎず、頭皮へのダメージが少ないと言われているのが石鹸系のシャンプーです。天然成分で作られている石鹸系のシャンプーは低刺激なのに洗浄力が高いので、皮膚の弱い方にも安心して使えるシャンプーです。デメリットとして石鹸系シャンプーはアルカリ性なので髪がきしんでごわついた感じになってしまいます。使い始めは髪のごわつきは不快な感じがしますが、しばらく使い続けると、ごわつきは解消されていきます。石鹸系は洗い残しがあると石鹸カスが頭皮のダメージを引き起こす可能性があるため、しっかり洗い流すことが重要です。

一般的な育毛シャンプーはアミノ酸系のものが多く、発育・育毛にもっとも効果があるシャンプーと言われています。髪の毛の成分はタンパク質で構成されていますが、そのタンパク質を構成するために必要な物質がアミノ酸です。髪の毛と同じ成分になるため髪によく馴染み、敏感肌の方でも安心して使用できるシャンプーです。他のシャンプーに比べて、洗い上がりがさっぱりしませんが、頭皮に必要な皮脂を残し、頭皮環境を整えてくれることで育毛へとつながっていきます。また、アミノ酸は低刺激で毛髪の修復効果にも期待ができます。



効果のある育毛シャンプー選び



最近では多くの育毛シャンプーが市販されており、何を基準に選ぶと良いか分からない方も多いと思います。シャンプーを選ぶには自分の頭皮が「乾燥タイプ」「脂性タイプ」「普通タイプ」の3タイプのうちどれにあてはまるかを知る必要があります。

皮脂の分泌量が少なく頭皮全体が乾燥している方は乾燥タイプになります。皮脂が少なすぎると頭皮が傷つきやすく、炎症を起こしやすくなります。炎症が悪化すると脱毛症の原因にもなります。頭皮トラブルが起きやすい乾燥タイプは低刺激のアミノ酸系が向いています。皮脂の分泌量が多く頭皮がべたついている脂性タイプは過剰な皮脂の分泌量のため毛穴の詰まりで育毛が阻害されることになります。炎症で細菌が繁殖すると脂性の脱毛症の原因にもなります。脂性タイプは洗浄力があって低刺激の石鹸系が向いているようです。皮脂の分泌量が適切な普通タイプは生活習慣をしっかりしていれば、頭皮トラブルが起きにくいと言われています。普通タイプは低刺激のシャンプーを使うといいでしょう。

薄毛の方の多くは頭皮トラブルを引き起こしています。そのため、低刺激のシャンプーを選ぶ必要があります。ドラッグストアなどに置いてある安価な育毛シャンプーの中には育毛に必要のない香料や着色料、シリコン剤などの刺激の強い化学成分が入っている商品も多いので、安い育毛シャンプーは特に注意が必要になります。化学成分が発毛を妨げる原因にもなっているという研究結果も出ており、現在ではノンシリコンシャンプーが育毛に良いと言われています。なるべく安全な天然成分で造られたシャンプーを選ぶといいようです。頭皮に悪影響のあるような成分が配合されたシャンプーは避けるようにしましょう。



男性用と女性用の違い



女性の社会進出が進むにつれて食生活やストレスなどで薄毛になる女性が増えており、女性用の育毛シャンプーも多く販売されています。成分は男女ともにアミノ酸系の頭皮に優しいシャンプーが一般的ですが、男性は女性に比べて皮脂分泌量が多く、頭皮も強いこともあって、洗浄力は女性用より高い傾向にあります。

また、男性と女性では薄毛になる原因が違ってきます。女性は生活習慣の乱れが原因であり、男性は生活習慣以外に遺伝や男性ホルモンが原因になっています。そのため、男性用のシャンプーはタイプによって様々な種類が売られており、女性が男性用を使っても効果が得られないことも多いのです。また、男性用のシャンプーには男性ホルモンを抑制する成分が入っているシャンプーもあり、女性は使用しないほうがいいでしょう。男性用のシャンプーを使ったことで症状が悪化する可能性もあるので注意が必要です。

女性は皮脂の分泌が少なく頭皮が乾燥しやすいことで、頭皮にダメージを受けやすい傾向にあります。そのため、女性の育毛は頭皮をケアするということが重要になってきます。また、カラーやパーマなどを繰り返すことで枝毛や髪が痩せていくなどの毛髪のダメージもあり、男性用に比べて保湿成分が多く入っていることが女性用シャンプーの特徴です。男性用は男性ホルモン抑制成分や必要のない皮脂を洗い落とす洗浄成分、頭皮を柔らかくして血行を良くする血行促進効果が期待できる成分で発毛を促します。女性用のシャンプーは低刺激のアミノ酸系で優しく洗いながら頭皮に栄養を与えて頭皮のケアをすることが発毛につながっていきます。男性用に比べて女性用のシャンプーは店頭にあまり売っていないこともあるので、インターネット通販を活用するといいかもしれません。


戻る