<iframe src="http://b.yjtag.jp/iframe?c=6zOzu9l" width="1" height="1" frameborder="0" scrolling="no" marginheight="0" marginwidth="0"></iframe>
薬用育毛剤「蘭夢」公式ショッピングサイト
お電話でのご注文はフリーコール0120-55-9614 RANMU会員様ログイン カートの中を見る
発毛 薬用育毛剤「蘭夢(らんむ)」のトップページ 蘭夢について キャンペーン 商品ラインナップ
商品カテゴリ
キャンペーン情報
蘭夢黄金率100mlの通常購入
蘭夢黄金率の「定期便」
蘭夢黄金率の「まとめ買い」
ヘアケア|育毛剤
蘭夢の「定期便」
蘭夢の「まとめ買い」
シャンプー・コンディショナー
シャンプー・コンディショナーの定期便
ハンドケア
石けん・ボディソープ
ドリンク・フード
商品検索
商品レビューで100ポイントプレゼント!
蘭夢の正しい使い方
お客様のお声
知って得するヘアケア特集
ちょっと気になる髪のお悩みアンケート
蘭夢FAQ
蘭夢ニュース
営業日カレンダー
携帯サイトのご案内
お客様相談室
河野メリクロンについて
RANMU(らんむ)は、一般財団法人 日本電子商取引事業振興財団(J-FEC)の会員として同財団法人の活動を支援しています。

コラム


育毛を効果的にするための育毛シャンプーの選び方と食生活

薬用育毛剤蘭夢(らんむ) トップページ > コラム > 育毛を効果的にするための育毛シャンプーの選び方と食生活

育毛を効果的にするための育毛シャンプーの選び方と食生活



正常なヘアサイクルを意識する育毛シャンプー


育毛では正常なヘアサイクルが重要なポイントとなり、毛髪は頭皮から出ている毛幹と頭皮の中に埋まっている毛根にわけることが出来ます。毛根は毛球とも呼ばれ、中にある毛乳頭から毛髪細胞が栄養を受け取って細胞分裂を繰り返すことで毛髪となるのですが、毛根の途中に皮脂を分泌する脂腺があることで皮脂が髪の毛を守ることに繋がりツヤやハリを維持することができる様になります。皮脂の分泌が多ければ頭皮がべたつき、皮膚炎や湿疹の原因になってしまうことがあり、頭皮の皮脂の分泌のコントロールも健康な髪の毛を作るために必要な要素となります。
健康な毛髪は成長、退行、休止を2年から7年ほどのサイクルで繰り返します。ヘアサイクルのバランスが崩れることで毛髪の成長が止まってしまい退行期や休止期へ移行してしまうので頭皮の健康を維持しヘアサイクルを正常にすることでヘアサイクルのバランスを崩すことなく、毛髪がしっかりと成長することができる毛髪環境を整えることが出来ます。
ヘアサイクルは生活習慣や食生活、ストレスなどによって崩れてしまうので普段の生活を見直し、さらに育毛シャンプーを使用して頭皮や毛髪のケアをすることでヘアサイクルを正常にすることができます。育毛において育毛シャンプーは基本的なアイテムとなり、現在ではドラッグストアなどでもたくさんの種類のシャンプーが販売されているので手軽に購入することができる様になっています。頭皮を清潔にすることができるシャンプーも間違った選び方をすることで育毛に働きかけるどころか育毛をすることが出来なくなります。まずは自分にあった育毛シャンプーを選ぶことから始めましょう。



育毛シャンプーの選び方


育毛に働きかけるためのシャンプーを選ぶ際にはまずシャンプーにはどんな種類があるのかを知っておきましょう。
シャンプーには一般的に石鹸系、石油系、高級アルコール系、アミノ酸系の4つの種類があります。シャンプーはしっかりと頭皮を洗うことが大切です。そのため頭皮にあったシャンプーを選ばなければなりません。
シャンプーの成分の約80%は水で出来ており、残りの約20%に洗浄剤としての働きを持つ界面活性剤が使われています。シャンプーの種類を見る時にはこの界面活性剤がどのようなものを使っているのかで知ることが出来ます。界面活性剤とは油になじみやすい親油基と水になじみやすい親水基を併せ持つ特定の物質のことであり、油汚れを水で落とすことは出来ないので油と水を混ぜ合わせることができる界面活性剤を加えることで油を水に溶かして水で落とすことができる様になります。シャンプーだけではなく食器洗剤やボディソープ、洗濯洗剤など洗浄を目的としたものなどのほとんどに含まれているものです。
石鹸系のシャンプーの場合は石鹸が界面活性剤となり、アルカリ性の界面活性剤となります。アルカリ性の洗剤の方が洗浄力は強く、頭皮の皮脂汚れなどをしっかりと落とすことが出来ますが、毛髪の洗浄に向いておらず、石鹸で髪の毛を洗った際にごわついたり、きしんだりするのはアルカリ性の石鹸で洗うことで髪の毛のキューティクルが開いてしまい表面の摩擦が上昇してしまうからです。石油系のシャンプーは最も流通しているシャンプーとなります。石油系の界面活性剤を使用したものであり、安価で大量生産できることから流通量も多くなっており、洗浄力も高いのでしっかりと洗うことができますが成分が強すぎることから余分な皮脂などを落としてしまい乾燥や炎症などのトラブルの原因になることもあります。高級アルコールシャンプーも石油系の界面活性剤であり、石油系という言い方へのイメージを懸念して高級アルコール系と呼ばれることが多くなっています。ですからシャンプーは厳密に言えば3つの種類に分けることができます。そして最後にアミノ酸系シャンプーです。育毛に関してはこの種類のシャンプーが向いていると言われており、アミノ酸系の界面活性剤は低刺激の洗浄剤として洗浄力は弱いのですが頭皮への刺激を最小限に抑えて洗浄をすることができダメージヘアなどにも使用することができるので頭皮の健康を促進し、ヘアサイクルを正常に導くことができるものとされています。



育毛の基本はシャンプーと食事にある


シャンプーによって頭皮を清潔にし健康に保つのと同時に育毛に大切なのは食事です。毎日の食生活において栄養が偏り、不足している状態ではいくら育毛に効果的なシャンプーをして育毛剤を使ってもその効果を十分に得ることはできません。
健康な頭皮を維持してしっかりとした髪の毛を育てるために取り入れるべき食材や栄養素を知っておきましょう。
髪の毛は18種類ものアミノ酸が結合してできるケラチンというタンパク質によって形成されています。つまり髪の毛の元となる良質なタンパク質を取ることが育毛では必須条件となります。ですがタンパク質と言えば肉類となり、これを過剰に摂取しすぎると脂質を過剰に摂取してしまうことになり皮脂の分泌が増えてしまいます。これにより頭皮の毛穴に皮脂が詰まりやすくなりますので髪の毛の成長を阻害してしまいます。タンパク質を摂取する際には肉類や乳製品など動物由来のものだけではなく大豆などの植物由来のものを取ることで過剰に脂質を取ることを避けることができます。また摂取したタンパク質を分解して合成する際にはビタミン類が必要です。その中でも特に必要になるのがビタミンAです。かぼちゃやほうれん草、ブロッコリーなどに含まれており、加熱に弱い性質を持つのでできるだけ生で食べる様にして加熱が必要な場合は油に溶ける性質を持っているので炒め物などにして食べる様にしましょう。


戻る